雨のダム

桜が咲き始めたりして、本格的な春 ですね〜

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
さすがに暖かくなってきて皆さんの活性も魚の活性も上がってきたのでしょうか。初バスの嬉しい報告から、いつもの方のいつもの50upまで。釣果も春らしいですね。いつもありがとうございます。

私も先日の雨狙いで、房総ダムのリベンジを。
前日も釣りだったので友人の誘いを最初は断ったんですが、天気予報を見ると行っといた方が良いなという感じでしたので、連釣でした 笑

朝からシトシトと降る雨、さほど冷え込まない気温でこれはもうもらったと思ったんですが、今年の初釣りだという彼のリールの調子がすこぶる悪く、それにつられるように魚からの反応はさっぱり… 減水だからいつもと違うのか、、なんて難しく考えてしまいそうでしたが、前回行った時に良さそうだったポイントを丁寧に回り、終わってみれば良い釣りできました。友人も最後の最後に初バスを。嬉しそうだったなぁ

モンスターを連発している有名な方々、お世話になっているショップ店主さんも来てましたね。みんな釣りが好きで、しかも研究熱心。これはもう魚からしたらたまらないでしょうね 笑 でもまあ、この時期の雨絡みのフィールドにはそれだけ釣人を引きつける魅力とポテンシャルがあるっていうことです。

週末は良さげな天気。初バスがまだなんて方、用事は後回しでどこかに浮くのが良いと思います。もちろん私もどこかに。

思い入れ

春のような3連休、いかがお過ごしでしょうか。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
春のモンスターから嬉しい初バスの便りまで、皆さんいつもありがとうございます&初バスおめでとう!
まだまだ朝晩は寒いんですが、春のデカイのを狙うのには良い季節になってきましたね。川は今時期から代掻きが始まるまでが勝負だと思います。今年は雨があまり振らないので水が澄みすぎなのか、水量が足らないのか、あまりぱっとしないみたいですけど、狙わないと遭遇できないのがモンスターですし、淡々と通っている人にしか微笑まないのが釣りの神様だと思います。まぁ、今年も自分なりのペースで楽しんでいきましょう。

モジュログリップ、注文をいったん締め切りさせていただきました。沢山のご注文をいただいて感謝です。ありがとうございました。

JAPAN QUALITYプロダクトってこの現代でどのくらいあるのでしょうか? 多くの町工場が在った地域も空家が目立ったり再開発になったりと、モノをつくっている人が好きな私としては寂しい限りです。鋳物の街として知られている川口市もまさにそんな感じで、小さい町工場から大型の工場までそれはもう沢山の工場がある地域でした。昔の家具屋時代にお世話になっていた工場はどこも閉鎖。でもまだ腕の良い職人さんは残っているわけで…

それから十数年、またあの地域でモノ作りが出来て感激。とても良いモノが出来たと個人的には思っています。なんだか思い入れもありますし。あとは私が削るグリップ部分、いやがうえにも気合いは入るというものです。

そろそろかな

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
もうすぐ春なんだなぁ と。届いた写真を見ながらニヤニヤしている感じです。初バスが例年よりも早く釣れたとの連絡も多々あり、そろそろ皆さん動き始めた感じですね。写真ありがとうございます&初バスおめでとうございます。

先日告知したモジュログリップ、想像した以上の反響をいただいてます。ありがとうございます。グリップのみの販売にもけっこう質問をいただきました。アレには付くのか?コレにはどうなの? などなど。
 
機械ではなく私が削りますので、基本的にどんなグリップにも付く様にはできると思います。ただ、太軸の穴を空ける場合は、グリップも太く作らないとなので、バランスは写真と多少違ってくるかもしれません。そのへんだけご理解いただければ制作させていただきます。

注文の締め切りは3/12(日)まで。ご興味ある方はお早めにお願いいたします。

NEW

新商品のお知らせ
MODULO GRIP (モジュロ グリップ)

2015年?の年末に一度写真を掲載したのですが、それからグリップの握りの形状など悩みまくりのテストしまくりでずいぶん時間が経ってしまいました… 削っては試し調整しては試しでやっと納得のいくものが出来ましたのでご案内させていただきます。

グリップベース、リールシート部分はグラスアイインターナショナルのエルゴノハンドルを使わせていただきました。アルミ製にもかかわらず非常に軽量(110g)とても気にいっているハンドルです。そしてなんと代表の佐藤さんにご無理を聞いていただき、ninnaのロゴをオリジナルで制作し一から鋳造していただきました。ほんとうにありがとうございます。感激。

表面仕上げも特別にブラックアルマイト、梨地仕上げの2タイプを制作していただきました。

「ブラックアルマイト」 この仕上げはムラが出易く、職人として納得いかないものがでてしまう可能性があるとの事で、正直あまりやりたくないとのお話しでしたが、色々とご無理を聞いていただき実現しました。アルミという素材は塗装が剥がれ易く、色を載せるのであればアルマイトが良いなと考えていたので私自信とても気に入っている仕上がりです。

「梨地仕上げ」 梨のようなザラザラとした質感が特徴の仕上げです。素地好きな私は金属の表面処理はヘアラインと梨地が好みなのですが、グリップのような複雑な形状のものには梨地と考えお願いしました。サンドブラストで丁寧に表面を整え、そこからまたひと手間のショットブラストで表面処理という手間のかかった仕上がりです。おかげで艶を抑えた落ち着きのある良い感じに仕上りました。歳と共にだんだんと好きになってくるシルバーというカラー。不思議な色ですね。

どちらもグラスアイさんでは現在お買い求めできない特別な表面処理となっています。

そして、握りとなるウッド部分。
全長105mm。すこし短いかと思われるかもしれませんが、エンド部分に手を添える感じでフィットし強く握らなくても投げ易い設定となっています。そして細くなっている箇所にある3本のスリット、こちらは滑り止めとしてのデザインです。無いと有るのとでは握った時に感じる安心感、グリップ感が違います。強く握らなくても滑らず、無駄な力を入れずに振れるのでキャストし易いかと思います。

木の素材としてはブラックアルマイトにはブラックビーン。梨地のシルバーにはホワイトオークが標準で付くことになります。

握りを作るにあたり、色々な木を削って試してみました。ブラックウォールナット、タモ、サペリ、チーク、アメリカンチェリー、胡桃、紫檀…etc それぞれに特徴があって、甲乙つけ難いのですが、素材としてなぜコルクではなく木を選んだのかという事、すなわち耐久性という観点から木目が詰まり程よい重さ、そして木肌に表情があるなどからブラックビーンとホワイトオークを使用することにしました。

仕上げはオイルフィニッシュ。水場それも雨の日にも使うのに大丈夫であろうかと考えましたが、一年以上も実釣で使用し問題無いと判断しました。亜麻仁オイルを何度も擦り込んだオイルコーティング。塗装と違って表面に塗膜がありませんので傷は付きやすいですが、手に持った時の質感は何ものにも代え難いものがあります。

手入れとしてはウッドルアーと同じような感じです。使用後に風通りの良い場所で乾燥させる事、それだけ。気が向いた時にオイルを擦り込んでやるとなお良いですね。乾性油なら何でも良いと思います。それら少量を布に付け擦り込み、暫くしたら拭き取る。それだけです。だんだんと木目の色が濃くなってきますし、道具として愛着が湧いてきます。

グリップエンドにはルアーのトラフなどに付いているネームが彫られた金属パーツを加工して付けてあります。立てかけたりしますのでウッドの保護にもなって良い感じです。

今回、握りのウッド部分だけの販売もいたします。ご自身でお使いのリールシートに付けたい方や、グラスアイさんの他のモデルに付けてみたい方などいかがでしょうか? 内径は標準で13φ×90mm となっています。受注生産なのである程度のご要望にはお答えできます。お買い求めのショップさんにご相談いただければと思います。よろしくお願いいたします。

まさかの

暖かい週末でした。いかがお過ごしだったでしょうか?

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
九州からペスカデポ真太朗くんです。最近オロロBMがハマっているらしく先日も良い反応もらえたみたいです。やはり早春はミノー系が強いですね。良い魚おめでとう。

先週の南風の雨。いわゆるこの時期ソワソワする天気に行ってきました。今年初となるダムへと。ほんと沢山の方が浮いてまして、ソワソワするのは皆同じですね。
カヤックということもあって爆風に翻弄された一日となってしまいましたが(途中危険を感じて陸でたそがれるの写真) やはり久しぶりのダム、テンション上がりました。釣れればもっと上がったんでしょうけどね…笑 そんななかでも釣っている方はいるわけで、あの方もブリブリの釣ってました。おめでとうございます! 私はリベンジ。

そして本日。二度寝が気持ち良すぎて見事に寝坊するという体たらくでしたが、いつもの調査隊と川クルーズ。
ほんとすんません来る途中でクマと出くわしまして……  と合流してすぐにグォボッ って、春バスいただきました。ほんとすんません……… 笑
ルアーは次回作予定のライブリー、かなり良い感じで仕上ってきています。

もちろん遊んでいるばかりではありません。毎日何かしら作ってるんですよ。
ルアーの方はまずは頼まれているショップさんのオリカラからですが、ずっとあたためていたグリップの方、やっと販売することにしました。近々ご案内させていただきますので、よろしくお願いいたします。

野営

暖かくなったと思ったらまた冷え込んだりして、やはり毎年こんな感じで少しずつ春に近づいていくんですね。それでも昨日は春一番が吹きまして、久しぶりの南風のにおい。ちょうど雑木林をうろついていたんですが、爆風で枯葉が舞い散り素晴らしい景色でした。家に戻ると窓をあけはなし春の空気を部屋に。良い季節になりましたね。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
九州からおふたり。先日の雨絡みでの釣果みたいです。やはり冬でも雨は効きますかね。今年は雨狙いでまだ行ってないのですが、そろそろ始動でしょうか。私のやる気スイッチを押してくれてありがとう(笑)そして初バスおめでとう!

先日は今年初のキャンプに。先輩の工房がある山での野営でした。先日訪れた時にいい感じの場所があったので、持ち主の方に了承を得て楽しんできました。
人の手が入っていない山。テントを張るフロアの整地から始まり、荷揚げのルート開拓や薪の確保などなど。やる事盛り沢山で、くたくたのへろへろでしたが、キャンプ場では得られない何かがそこにはありました。

今日もノーバイトでした… 皆さん釣り行ってますか?
フィールドは曇天で雰囲気ありありでしたが、やはりまだ水中は立春とまではいかないようです。朝もそれほど冷え込まず日中は春のようでしたが、これからまた寒波が来るんでしょうね。今は三寒四温でいうところの一寒二温あたりかな?まだまだ春は遠い。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
今年の初写真! いいコンディションの魚羨ましいですね〜アジアさんありがとうございます。

先日、畑は違えどモノ作りしている工房に遊びに行ってきました。釣り以外では出不精なんですが、久しぶりに連絡をとった先輩の工房移転パーティーという事で、重たい体を引きずってなんとか家を出発(笑) 出かけてしまえばあれもこれもという感じで、友人の工房をハシゴして良い気を貰って帰宅しました。

オープニングパーティーには懐かしい顔ぶればかり。20代の生意気だった時代の私をよく知り、よく怒ってくれ、よく遊んでくれた、勝手に同じ穴の狢なのだろうなと思っている先輩達。冬は寒くて夏は暑く、朝も早くから作業して夜更けまでデザインを考える。一般的に考えると労働条件は劣悪だと思うんですけど、みんな楽しそうに人生をモノを作っている方ばかりでした。私も見習わなくては。

初バス

北風が冷たかった数日が過ぎ、今晩はわりと暖かく過ごしやすい夜となっています。先日は昼間ですがバチ抜けを目撃、そろそろシーバスは始まるんでしょうか?今年は如何に。

ブラックバスの方もなんだかんだで毎週の様に浮いています。プロトを投げて動きを確認。やはりフィールドで使って、デザインにしろ、ボリュームにしろ、少しずつ詰めて行く感じが私には合っている気がします。

そのかいあってか先週末にはなんと初バスを?! 1月にダム以外では初かもしれません。暖冬なんて言われている影響か何なのか? もちろん狙って行ってはいるんですけど驚きました(笑)

昨年末の締めの魚も初バスも次回予定のプロトライブリーで。もう長いことタックルボックスに入っている奴で、それなりに魚の実績も。でもなにかしっくりきてなかったんですが、デザインをいじり、ボリュームをいじり、やっとカチッときたなと思った途端に良い感じです。これでやっと巣立ちます。

削る

WEB販売させていただいたルアーに沢山のご注文をいただきまして、ありがとうございました。慣れない発送作業も済んでやっと仕事的にも落ち着き、本来の制作ペースが戻ってきた感じです。今年もまずはブランクの削りからスタートしています。

年始めだからというわけではないのですが、気持ちを新たにするべく砥石の整理を。昔ほど沢山の種類を使わなくはなりましたが、まだけっこう持っています。
しかしながら砥石は消耗品、何個あってもいいものだと自分を納得させて気になっていた砥石を購入。整理して空いたところにはまた新しい砥石。まるでテトリスのような私の砥石ケース…

でも新しい道具っていいですね。毎朝無意識にルーティンとしてこなしていた刃物研ぎも新鮮な気持ちで楽しく仕事を始められています。今年も冬場はずっとブランク加工。春のフィールドを想いひたすら削る毎日です。

お知らせ

すでに1月も13日ですのでお正月ルアーとは呼べない感じですが… 恒例のWEB販売させていただきます。

15日(日)の正午12時頃から販売いたしますので、ご興味ある方は覗いてみてください。

今回も少量のため、各ルアーお一人様一点でお願いします

よろしくお願いいたします。

onnivoro  http://onnivoro.net