晩秋のランカー

フィールドワーク再開。秋の気持ちの良い気候で素晴らしい季節。もちろん寒い日もあるが、もう11月も後半なのだから仕方なし。
河川は形相こそ変わったもののいつもの表情。濁りがとれている流れもあれば、まだまだな流れもあり。

どこも水位は比較的高め。そのためか水温もまだそこまでは下がってはおらず。水色もまだ冬のそれとは違い、水中はまだ晩秋といったところだろうか。

例年でいうと11月というのはとても難しい。水温がガクッと下がる時期で魚を見失う。ターンオーバーなんて未だにチンプンカンプンだが、魚のポジションが変わるのは確か。毎週釣りに行っていれば嫌でも感じる。

今年はあの台風の影響か、未だ魚がシャローに残っている。理由なんて解らないがとにかくデカイのが浮いている。たまに。もちろん数はとても少なくなったけれど、まだ食い気のあるやつも。

フィールドワークを再開してからなぜか絶好調。台風前あれほど爆釣した時にもとれなかったランカーも。ついに手中に。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
秋のランカー狙いも終盤戦。ほんとの冬になる前に楽しんでおいた方が良いかと。いつも写真ありがとうございます。

濁りを味方に

お久しぶり。こちら今年はあの台風とその後の雨でシーズン終わった感じだよ、、、そんなやりとりを幾度となく繰り返し、その間季節は進み、トップウォーターのハイシーズンも終わりに近づきつつあります。不完全燃焼だった。なんて気持ちもありますが、そんなこと言ってられないような地域もあり、河川もあり。 未だ地元河川も濁りは取れずですが、そろそろ一発狙いに行ってみようかな。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
台風の影響のなかったエリアでは良く釣れているようです。なんかスミマセン、、なんてメールもいただいたんですが、どんどんやっちゃってください。楽しんじゃってください。いつも写真ありがとうございます。

次回作のルアーはやっと塗装に入ろうかという段階。作っているのは冬のダムでの私のテッパンルアー。これからの季節には良いと思いますが、年内に間に合うかな?という進行状況。もうそんな季節。ほんと早い。焦る。。

ビッグバスハンターの新色作りました。ご存知かもしれませんが、50upの写真を送ってくれた方にお送りしている非売品のステッカーです。
強いルアーでランカー狙いには良いシーズン。濁り?もしかしたらプラスになるかもしれませんぜ。

台風19号

水辺が好きである。川によってもたらされた抜け感がある広い空、緑の生い茂る土手や河川敷を利用した公園、そんなものが無性に好きである。もちろん釣りを生業としている身からすると、ある意味では仕事場とも言える。

好きなものに囲まれた暮らしをしたいと昨年川の側に引っ越した。遊びに来た友人にはキャンプ場かよと言われるような環境。時間を見つけては手を加えだんだんと理想の住まいに近づきつつある。家の前には30mはあろうかという巨木が立ち、風向きによってはほんのりと川のにおいもしてきそうな釣り人の家。

自然が色濃く残る場所で暮らすには、そこから受け取るパワーや癒しやあの空気感と引き換えにそれなりの対価を払わなければならないのか。そんな事を強く考えさせられた今回の台風でした。土手を超えるまであと数メートルといった感じまで増水した河川。近所では浸水した地域もありましたが、幸い私の家は何事もなく巨木も倒れることなく無事でした。心配して連絡をくれた皆様ありがとうございました。

実りの秋

気がつけば10月。季節の移ろいはスピードを増し、短い秋という季節がどんどんと過ぎ去っていく。山を歩き、釣りをし、森で寝て、旬を食す。至極単純な趣味趣向の私には宝物のような季節。時間よ止まれ。

この数週間で私の釣りは変わった。 と 言っても良い程に自分の中で実りのあるプラッギングができた。ここ数年では釣果もダントツだったようにも思う。持ち込んだプロトルアーの出来が良かったとか、フィールド状況が上向きだったとか、そういうことではないような気がする。釣り人としての何たるか、先駆者へのリスペクト、己の力量、そんなもんを考えるでもなくひたむきに。何にせよ良き釣りができたということです。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
フィールドは終盤戦、多くの写真いただいています。いつもいつもありがとうございます。

台風

9月が始まると思ったらもう半ば過ぎ、、異様に月日が過ぎるのが早い。あれもこれもやりたいことだらけだが、どれも中途半端。これも毎年のことか。

関東に台風が直撃。幸い私が住む地域では草木が倒れた程度で済んだものの、未だ停電なんてニュースもやっている。この現代でこんなに長いこと停電なんてありえない。でも、ありえないことが起きるのが災害というものか、、備え蓄え心構え、そんな事を考えさせられた数日でした。やはり電気よりも燃料の方が、、なんて考えてはいましたが、これはほしい。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
おそらく台風前だとは思いますが、たくさんの写真いただいています。いつもありがとうございます!
季節的にはベストシーズン。フィールド状況は台風前にはすこぶる好調だっただけに気になるところ。秋の爆釣とまでは行きませんが、前兆のようなプラッギングもできていただけに忌まわしい。でもまあこれからです。風が心地よいなんて言えるシーズンは短いですから。力の限り楽しみます。

8月が終わる

夏も終わりかけ。朝晩が気持ち良い季節になりました。今年の夏も暑かった。何とか乗り切った感じがする近年の猛暑。工房をどうにかしないと来年こそ夏の作業は無理かもしれない、、、と 思いながら早数年。

今年は夏の作業場を友人の工房に移動。ちょっとだけ涼しいって事と、大いなる気分転換というやつです。周りはガチムチな木工家の中での数週間。色々と勉強になることあり、思うことあり、良い刺激に。私も作業が好きなほうだとは思いますが、彼等、彼女達はほんとによく働く。人生の中で何に重点を置いているかということが明白な人は潔く美しい。そこから生まれるものもまた然り。

釣果写真たくさんいただいています。詳しくはコチラ
そりゃ1ヶ月も更新しないでいたら写真が溜まりますよね、、送っていただいた皆さん掲載が遅くなってすみません。いつもありがとうございます。

今年の夏の釣りはどうでしたでしょうか? いつもアオコが浮いているようなフィールドもそこまでではなく、何だかいつもとは違った夏の釣りだったような気がします。近所の川もすこぶる好調だったようで、送られてくる写真を見ながら、友人の工房でヤキモキとした夏となりました。
今年は珍しく未だに美白な私ですが、夏の魚をそれなりに楽しみ、これから来るであろう秋を遊ぶべく色々と目論んでおります。ああぁ楽しみ

お暑うございます
まさに連日夏という感じです。くれぐれも釣りでは無理なさらぬように。暑中見舞い申し上げます。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
今年は梅雨寒だったこともあり、明けたと思ったら夏全開の気温で体がついて行かずといいう方も多いのでは。年々暑さに弱くなっている感じは否めませんが、夏の夕方、蝉時雨の中でのプラッギング。その思いは昔から変わらずです。何かこう特別な感じがします。今だに。今年の夏も気温と相談しながら楽しみたいと思っています。

写真いつもありがとうございます。皆さんも 夏 お楽しみください。

オンラインショップでのMOHAVE、準備が整いましたので販売しようと思っています。8/9(金)20時ごろから販売スタートしますので、ご希望の方はチェックしてみてください。

オンラインショップの方ですが、新商品の更新が随分と滞ってしまっています。すみません。何も入荷していない訳ではなく、、ボチボチとアイテムは買い漁っていて、実際にフィールドに持ち出してみたりと準備だけは進めています。全部ではないのですが、新しい商品を数点。写真を撮りましたのでアップします。ようやく。こちらもよろしくお願いします。

オンラインショップ→ Onnivoro  

夏はすぐそこ

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
モハべで早速使っていただいて写真まで。釣果が全てではないとは思いますが、新しいルアーでの釣果写真は格別。もちろんどんなルアーでも嬉しいんですが笑 いつもありがとうございます。

今日は私も釣りに。最近は近所のフィールド巡りがメイン。夏になると厳しくなるのは必至なのでその前に、、という訳です。
近所の河川は巷ではツンデレリバー、もしくはデスリバーなんて呼ばれているらしく、まぁそんだけ釣れないって事なんですが笑 それでもフィールドのシチュエーションはすこぶる良く、釣人のマナーも良いので私のお気に入り。

先週の金曜だったかな?夕方に1時間だけカヤックで様子見した時に良さげな感じだったので(その時はチェイスのみ)、今日はジョンボートで。
早朝はオールラウンダーの人たちが殺気立っているので少しゆっくり目にスタート。水も良く雨もパラつき、絶好な感じだけど肌寒い。今年はこの気温が上がらない感じが魚を渋くさせている原因でしょうか。。

私、この川をやる時は独りの時が多い。なぜなら、かなり真剣にやらないと魚を見る事ができないから。キャストの精度を上げ、ルアーのアクションや操船に気を使い、周りの釣人とのタイミングを計る。もちろんフィールド状況で、こんなに簡単に、、、なんて日も年に数回はあるけれど、大概はタフで修行のようなフィールド。
それでも通ってしまうのは、試行錯誤の先にブラックバスが居るから。そう。ここには、自分しか釣る事ができないと思わせてくれる魚が居るのです。

パターンなどあるのか

モハべの出荷も終わりホッとひと段落しております。沢山のご注文ありがとうございました。操作が楽しいルアーですので、今しばらくの梅雨空フィールドを楽しんでいただければと思います。

昨年のニンナフォト商品ルアーもやっと完成。随分とお待たせしてしまいましたが、やっと。今年ももう沢山の写真をいただき、季節はすでに折り返してしまいました。ですが、まだまだ、これから。大物が釣れたという方も、楽しげな写真が撮れたという方も、写真お待ちしております。もちろん今年も最大魚を釣った方にはオリジナルカラーのルアーをプレゼント。ぜひ狙ってみてください。
釣果写真いただいています。詳しくはコチラ

今年の梅雨はちとおかしい。なんて話をよく耳にしますが、確かに気温がいつもの7月の感じではないですね。しかしながら毎日のこの曇天具合といったら、、、もう辛抱たまりません。出荷が終わるやいなや近所のパトロールへと。

確かにこの時期激アツなあそこに付いていないし、あのアクションにもあのルアーにも無反応。これはムズイ、もう10時だし、、と、焦りましたが、その後ちょっとしたパターンを見つけブラックバスとの騙し合いに勝利。複数の魚が同ルアーの同アクションで激しくバイト。こういうパターンってそうそうないので、夢中でデータを収集。次回につながるか否か。だから釣りは面白い。

琵琶湖

モハべ販売のタイミングで行ってきました。毎年恒例となる遠征へと。本来は販売が終わってから行きたかったのですが、随分前から決まっていた日程。新作ルアーを待ってくれている方々に若干の後ろめたさを感じつつ、、

よく琵琶湖ってイージーなんでしょう?って聞かれますが、そんなことはないと思う。ただ、大きいBASSは確実に居るし、数も関東とは比較にならないくらい多い。
それだけ自然が濃く残っているし、生息域のキャパシティーも広い、そしてなんと言ってもベイトがおそろしく豊富という事が魚にとっては至極健全でありトップウォーターにも好反応な要因なのではないかと思います。かってに推測。

もちろんそれを狙っての釣り人は多く、バスボートからオカッパリまで、日夜休み無く打たれ続けそれなりのプレッシャーはかかっています。が、それにも増してのキャパシティーで日々ランカーが釣れているという訳。もちろん全く釣れない日もあります。エリアを外すとバイトすら得られない日も。

それでも多くの釣人を引き付けるのは、今まで手にしたことのないサイズが釣れるかもとの期待感なのかもしれません。今回は琵琶湖初という若者も何人か居て、彼らの興奮具合を感じ、そういうフィールドだったよなぁ、、と、改めてこの湖の魅力を再認識したというわけです。

新作ルアーのモハべも彼らに使ってもらいました。記憶に残るような大型を釣ったり良いサイズをばらしたりと、思い出を歯型としてルアーに刻みこみ良い遠征になったと笑顔で帰って行きました。ありがとう。 
釣果写真はコチラ (琵琶湖以外でももちろん釣れています。いつもありがとう)

私も何匹か記憶に残る魚を。どれも素晴らしいコンディションのBASS。そして夢に出てくるような強烈なバイト。今思い出してもニヤついてしまうあの体験をしにわざわざ数百キロも離れたあの地に毎年のように行ってしまうのでしょう。また来年。