New

今年も明けてもう半月過ぎ。暖かな冬だなと思っていたら先日は雪、そして来週からは冷たい雨予報。冬のフィールドが気になる感じになってきました。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
もう初バス?なんて方もチラホラと。私、まだ釣りにも行けていませんが羨ましい。。いつも写真ありがとうございます。そして初バスおめでとうございます。

昨年のニンナフォトでのトップ3もお知らせしたいところなのですが、まずは新作ルアーのアナウンスから。ビッグバスは少し落ち着いたら紹介しますので、よろしくお願いします。

OROLO BB オロロシリーズのライブリールアーです。
BBとはビッグブレード、オロロにビッグなブレード、単純明快。言うが易しですが作るとなると大変で、色々と変更を繰り返しやっと完成です。
最初は初期オロロに大きいブレードを付けて使っていただけですが、これがハマる状況というのが多々あり、いつか作ろうと目論んではいました。ただ、遊んでいただけの時はあまり深く考えずにいたビッグブレードの扱い。このへんをきっちりと詰めていくと奥が深しで、迷宮入りしそうになっていましたが、ようやく。

何に行き詰まっていたかというと、ブレードの位置関係と考え方。当初は深く考えずベリーに付けて使っていました。その時気になったのはブレードとフックの絡みぐらいでしょうか。その後、ブレードの取り付け箇所とルアーのバランスをテストしていきますが、リア方向にブレードを付けるほどバランスを崩しやすく、ブレードの回転が破綻する事が解ってきます。

ルアーを引くとまずはリップが水を受けます。そしてボディー、最後にブレード。もちろん小さいブレードなどはそれでも回りますが、大きいブレードを規則的にフラッシングさせるには前の障害物が邪魔になり、最後尾のブレードに十分な水流があたらずに動きが破綻。という訳です。

ベリーにブレード付ける事で前の障害物は無くなりその問題は解消されますが、そこは天邪鬼な私。ルアーとしての造形はリアブレードが美しい、という個人的な拘り。より水面直下でのフラッシングと波動が魚に効くのではないか、との釣り人の閃き。オロロBMが皆さんに認知され釣果も出ているのでブレードは同じ取り付け方法にしたい、というブランド的な思い。そんなものから製作がスタートしました。

OROLO BBに求めたものは、ウィローリーフブレードの強フラッシングで魚を追尾させ、口を使わせるという事。そのためにはブレードが規則的にフラッシングし、魚に興味を与え続ける事。ボディーアクションが弱った何かを模し、ナチュラルなアピールをし続ける事。その2点が必需だと考えます。

リデザインした小さいリップは必要最小限のアクションをボディーに与え、ブレードの回転を妨げません。一見弱い動きに見えますが、追尾してきた魚にはこれで十二分かと。ボディーアクションに強さが欲しければブレードサイズを小さくする事で可能となりますが、このルアーでしか反応しない魚を獲るべく、まずはそのまま使ってみてください。よろしくお願いいたします。

SR
Orange lip/Silver blade

GUG
Gold lip/Gold blade

VW
Silver lip/Silver blade

-BYD
Gold lip/Gold blade

SBP
Blue lip/Silver blade

GPD
Black lip/Gold blade

WGG
Green lip/Silver blade

プルオーバーパーカのお知らせも。
ずいぶん前に作ったプリントですが、未だ在庫の問い合わせをいただいたりと、ありがたいことに好評のようです。私自身も釣りにキャンプにと気に入って着ているので、この機会にいかがでしょうか。

今までは薄手の生地で作っていたのですが、今回は12オンスのヘビーウェイト生地での製作。この時期ということもあり、すでにブラックのXXLは在庫無しとのアナウンスが、、、 受注生産ですが人気のボディーですので、ご注文いただいてもメーカー在庫が切れているために製作できない可能性もあります。その点につきましては予めご了承ください。

プルオーバーパーカのご注文はオンラインショップonnivoroでも受け付けていますので、こちらも合わせてよろしくお願いします。

年末

2019年もあと数日。今年もあっという間だったな、、
まだ大掃除も出来ていないので、制作も進めつつ掃除も何処かでやって気持ちよく年内を納めたいものです。

次回作のルアーはやっとリグ組に入りました。トップコートを無事に終え、寒い塗装小屋から抜け出し、身体も心もホッとしております。この辺の作業環境の改善は来年のテーマですね。近年ずっと考えていた工房の増改築もそろそろ本格始動かなと。ルアー以外にも作りたいものが多くて、それをやるには今の工房ではあまりにも手狭になってきました。木工に関する本格的な機械も揃えたいし、溶接機なんかも欲しい、大型の機械を入れるには動力も引きたい、、もう来年45なんですが、まだ作りたい物がたくさん。もちろんブラックバスのトップウォーターゲームというものがライフワークで、それが主軸となる事は変わらないのですが、それにまつわるエトセトラ。私自身が欲する物をまずは作ってみて、使ってみて、いじり倒してみて、、なんだかルアーと同じ様な感じですが、来年も楽しんでいきたいと思っています。

釣りの方は、先日仲間と浮いてきて納めてきました。特別温かい日というわけではなかったのだけど、2バイトノーフィッシュ。針がかりせずで悔しい感じでしたが最後にバイトが見れただけでも良かったかな。そうそう写真いただいてます。おそらく今年最後になるであろう貴重な魚、おめでとうございます! 詳しくはコチラ

今年を振り返ると、釣りに関していえば当たり年だったような気がします。数もサイズも近年ではダントツだったかな。最近は良い時間だけやったりと短時間釣行が多くなってきていたのですが、今年は行く回数を減らし、その分濃い感じにしてみました。そうするとやはり今まで捕れなかった魚が存在している事が分かりますし、イージーな時間帯以外の方がサイズも良かったりする事も多々あってこのへんは発見でした。釣れない時間にフィールドにいる事で試すことのできる事柄もあり、来年に繋がる釣りができたのではないかと思っております。

今年もこのブログを覗いていただいている皆様には大変お世話になりました。
来年もこんな感じの更新頻度になるとおもいますが、気が向いた時にでも覗いてみて下さい。
それでは釣り人の皆様、よいお年をお迎えください。

寒空での外遊び

気温も水温も下がり、魚の活性も下がりましたね。とてもじゃないけどイージーとは言えない様な釣りを強いられる季節。着水音に気を使い、アクションにひと工夫加える、悩ましいシーズン到来。
この時期もフィールドに通うような釣り人ならば、各々の思う冬の釣りと必殺ルアーというものが必ず1つや2つあるはず。もちろん私にもそんな引き出しはあるのですが、先日ずっとそんなものを開け続けてもノーバイト、いやはや冬が始まりました。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
さすがに頂く写真も少なくなり、こちらでも冬の訪れを感じます。年内にあと1匹と思うのが釣り人の性、まだまだチャンスはある。と、思いたいけどどうでしょう?いつも写真ありがとうございます。

新作ルアーなんですが、あと少しでトップコートが終わりそうです。そこから乾燥、リグ組、箱詰め、等々、、年内にはと思って進めていましたが、ちょっと難しそうな感じですね。。。すみません。

それと、毎年年始にやらせてもらっているwebでのルアー販売ですが、そちらの方もまだ塗装に手が付けられずと言った状態なので少し遅れそうです。やるつもりではいますので、気にしている方がいましたら、お待ちいただければと思います。

年末まであとちょっと、寒空での外遊びもラストスパートですねー

晩秋のランカー

フィールドワーク再開。秋の気持ちの良い気候で素晴らしい季節。もちろん寒い日もあるが、もう11月も後半なのだから仕方なし。
河川は形相こそ変わったもののいつもの表情。濁りがとれている流れもあれば、まだまだな流れもあり。

どこも水位は比較的高め。そのためか水温もまだそこまでは下がってはおらず。水色もまだ冬のそれとは違い、水中はまだ晩秋といったところだろうか。

例年でいうと11月というのはとても難しい。水温がガクッと下がる時期で魚を見失う。ターンオーバーなんて未だにチンプンカンプンだが、魚のポジションが変わるのは確か。毎週釣りに行っていれば嫌でも感じる。

今年はあの台風の影響か、未だ魚がシャローに残っている。理由なんて解らないがとにかくデカイのが浮いている。たまに。もちろん数はとても少なくなったけれど、まだ食い気のあるやつも。

フィールドワークを再開してからなぜか絶好調。台風前あれほど爆釣した時にもとれなかったランカーも。ついに手中に。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
秋のランカー狙いも終盤戦。ほんとの冬になる前に楽しんでおいた方が良いかと。いつも写真ありがとうございます。

濁りを味方に

お久しぶり。こちら今年はあの台風とその後の雨でシーズン終わった感じだよ、、、そんなやりとりを幾度となく繰り返し、その間季節は進み、トップウォーターのハイシーズンも終わりに近づきつつあります。不完全燃焼だった。なんて気持ちもありますが、そんなこと言ってられないような地域もあり、河川もあり。 未だ地元河川も濁りは取れずですが、そろそろ一発狙いに行ってみようかな。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
台風の影響のなかったエリアでは良く釣れているようです。なんかスミマセン、、なんてメールもいただいたんですが、どんどんやっちゃってください。楽しんじゃってください。いつも写真ありがとうございます。

次回作のルアーはやっと塗装に入ろうかという段階。作っているのは冬のダムでの私のテッパンルアー。これからの季節には良いと思いますが、年内に間に合うかな?という進行状況。もうそんな季節。ほんと早い。焦る。。

ビッグバスハンターの新色作りました。ご存知かもしれませんが、50upの写真を送ってくれた方にお送りしている非売品のステッカーです。
強いルアーでランカー狙いには良いシーズン。濁り?もしかしたらプラスになるかもしれませんぜ。

台風19号

水辺が好きである。川によってもたらされた抜け感がある広い空、緑の生い茂る土手や河川敷を利用した公園、そんなものが無性に好きである。もちろん釣りを生業としている身からすると、ある意味では仕事場とも言える。

好きなものに囲まれた暮らしをしたいと昨年川の側に引っ越した。遊びに来た友人にはキャンプ場かよと言われるような環境。時間を見つけては手を加えだんだんと理想の住まいに近づきつつある。家の前には30mはあろうかという巨木が立ち、風向きによってはほんのりと川のにおいもしてきそうな釣り人の家。

自然が色濃く残る場所で暮らすには、そこから受け取るパワーや癒しやあの空気感と引き換えにそれなりの対価を払わなければならないのか。そんな事を強く考えさせられた今回の台風でした。土手を超えるまであと数メートルといった感じまで増水した河川。近所では浸水した地域もありましたが、幸い私の家は何事もなく巨木も倒れることなく無事でした。心配して連絡をくれた皆様ありがとうございました。

実りの秋

気がつけば10月。季節の移ろいはスピードを増し、短い秋という季節がどんどんと過ぎ去っていく。山を歩き、釣りをし、森で寝て、旬を食す。至極単純な趣味趣向の私には宝物のような季節。時間よ止まれ。

この数週間で私の釣りは変わった。 と 言っても良い程に自分の中で実りのあるプラッギングができた。ここ数年では釣果もダントツだったようにも思う。持ち込んだプロトルアーの出来が良かったとか、フィールド状況が上向きだったとか、そういうことではないような気がする。釣り人としての何たるか、先駆者へのリスペクト、己の力量、そんなもんを考えるでもなくひたむきに。何にせよ良き釣りができたということです。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
フィールドは終盤戦、多くの写真いただいています。いつもいつもありがとうございます。

台風

9月が始まると思ったらもう半ば過ぎ、、異様に月日が過ぎるのが早い。あれもこれもやりたいことだらけだが、どれも中途半端。これも毎年のことか。

関東に台風が直撃。幸い私が住む地域では草木が倒れた程度で済んだものの、未だ停電なんてニュースもやっている。この現代でこんなに長いこと停電なんてありえない。でも、ありえないことが起きるのが災害というものか、、備え蓄え心構え、そんな事を考えさせられた数日でした。やはり電気よりも燃料の方が、、なんて考えてはいましたが、これはほしい。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
おそらく台風前だとは思いますが、たくさんの写真いただいています。いつもありがとうございます!
季節的にはベストシーズン。フィールド状況は台風前にはすこぶる好調だっただけに気になるところ。秋の爆釣とまでは行きませんが、前兆のようなプラッギングもできていただけに忌まわしい。でもまあこれからです。風が心地よいなんて言えるシーズンは短いですから。力の限り楽しみます。

8月が終わる

夏も終わりかけ。朝晩が気持ち良い季節になりました。今年の夏も暑かった。何とか乗り切った感じがする近年の猛暑。工房をどうにかしないと来年こそ夏の作業は無理かもしれない、、、と 思いながら早数年。

今年は夏の作業場を友人の工房に移動。ちょっとだけ涼しいって事と、大いなる気分転換というやつです。周りはガチムチな木工家の中での数週間。色々と勉強になることあり、思うことあり、良い刺激に。私も作業が好きなほうだとは思いますが、彼等、彼女達はほんとによく働く。人生の中で何に重点を置いているかということが明白な人は潔く美しい。そこから生まれるものもまた然り。

釣果写真たくさんいただいています。詳しくはコチラ
そりゃ1ヶ月も更新しないでいたら写真が溜まりますよね、、送っていただいた皆さん掲載が遅くなってすみません。いつもありがとうございます。

今年の夏の釣りはどうでしたでしょうか? いつもアオコが浮いているようなフィールドもそこまでではなく、何だかいつもとは違った夏の釣りだったような気がします。近所の川もすこぶる好調だったようで、送られてくる写真を見ながら、友人の工房でヤキモキとした夏となりました。
今年は珍しく未だに美白な私ですが、夏の魚をそれなりに楽しみ、これから来るであろう秋を遊ぶべく色々と目論んでおります。ああぁ楽しみ