台風一過

ここのところ連続で台風が到来。先週末に来た24号は過去の記憶にないくらいの暴風で私の住む地域でも電柱が傾いたり大木が倒れたりと、大きい爪痕を残し過ぎ去って行きました。
24号は遠征にもドンピシャのタイミングで、楽しみにしていた琵琶湖も断念。大人の判断ってやつです。 まぁでも、カヌー修理に使わせていただいている友人の工房の大木が倒れたり、軒天が剥がれたりと、行ったら行ったで自分の工房含め状況が心配だったであろうことを思い、良い判断だったと思うことに。

台風前のタイミングで釣れたとの写真いただいています。詳しくはコチラ
秋らしい素晴らしいサイズなどなど、良い釣りしていますね。いつもありがとうございます。

遠征の予定でぽっかりと空いた時間はカヌー修理に(もちろんルアーも進めてます…笑)腐ったガンネルなどウッド部分を全て外し、まずは全体の塗装から。もとは赤だったのか?ってなくらいに色が抜けてピンク色になっていましたが、クリヤーを吹いてみるとまあなんとかいけるか? ってなところまで色が戻りました。多少色褪せてはいますが、オリジナルのナバロのステッカー、シリアル番号などを潰してしまうのが勿体なかったのでこのままで。次回があればカラーチェンジ考えます。

物を直すってのはとにかく時間がかかるもので、そのものに使われている材料を調べることから始まり、パーツが欠品していたらその調達、どのように直すかを頭の中でイメージしそれらに必要であろう道具類を少しずつ揃えていく。いざ作業となっても順調に進むことは稀で、毎回何か問題にぶつかっては作業は止まり、その都度悩み、打開策を見つけ、また少しずつ進むの繰り返し。

外注に出してしまえば楽であろうなぁ お金も時間もその方が良いのだろうなぁ と、頭ではわかっている。けれど毎回自分の手を汚し、いろんな方に助言を聞き、過去に作られた物から教えられ、先人の物に対する試行錯誤を知る。 直すという行為。そのものを再構築する事だとも思う。新たに作ることとは違う豊かさがそこには潜んでいる。

秋の長雨

暑さ寒さもなんとやら、涼しいを通り越し寒いくらいですね。しかも雨ばかりで河川は増水傾向。水位が安定しない分、釣果の方も安定しません。。

それでも季節は秋ですから、水の安定したフィールドなどでは良い釣果が出ているようです。沢山の釣果写真いただいています。詳しくはコチラ

さすがこの時期という感じでしょうか? 連日の雨で爆釣なんて話も聞きますし、フィールドさえ間違えなければ良い結果が出る時期でもあります。いつも写真ありがとうございます。

寂しいかな快適に釣りができるのもあと一ヶ月ほど。私は通年プラッギングを楽しみますが、魚の反応はだんだんと無くなってはきます。毎年渋い時期になるともっと良い時期に行っておけばよかったと思うのが常なので、今年も寝る間を惜しんで魚と遊んでおります。

お問い合わせをいただいている次回作ですが、やっとトップコートが終わりそろそろリグ組みに入れそうです。来月も遠征盛りだくさんの上に、先週からカヌーのレストアもスタートさせるという… ルアーの販売はもう少し先になりそうですが、いろんな経験が次に繋がると思い真面目に楽しんでおります。

ナバロはシンプルで美しいですね。カヌーも1から作りたし

秋のルアー

秋ですね。なんだか毎年どこいったんだろ?みたいに駆け足で過ぎていくのが常ですが、今年は長く楽しめそうな予感が。。釣りにキャンプに外遊びには良い季節。遊ばな損とばかりに相変わらずうろうろしております。(もちろんルアーも作ってます)

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
台風後も概ね好調みたいで、たくさん写真いただいています。いつもありがとうございます。
秋の釣り。夏とどう違うのか?なんてことたまに聞かれることありますが、私的に違いなんてものは解りません。フィールドによっても違うと思いますし、天候などでも変わると思います。昨日良かったのに今日は全くなんてこともあるわけで、、自然相手の遊びに絶対なんてものは無いのかと。

強いて言うとするならば、ダーターがこの時期から投げる割合が多くなるかなと。特に日中は。
朝晩などのマズメ時はペンシルなどで広範囲を探ることで良い反応を得ることが多いのですが、日中はどうしても反応が渋ります。そうなってくると頼るのがダーター。魚の活性は高いので、あとはどう食わせるか。どうルアーを見つけさせるか。その点でダーターはとても使いやすく、言わずもがなアピール力は満点。なおかつプラッギングして魚を騙した感じが強く大好きなジャンルのルアーです。

ライブリーなどは通年テッパンだと思いますが、この時期しか楽しめないルアーで魚を釣る。そういうのもまたトップウォーターの楽しみ方ではないかと。
ダーターに限らず、いろんなタイプのルアーで楽しめる季節。タックルボックスでしばらく眠っているルアーなども持って行って友達とワイワイやる。そんな楽しみ方も良いですね。

秋のワード

また巨大な台風が過ぎ去った。私が住む地域ではそれほどの被害はなかったが、何時その時が来るとも知れず、、自然の猛威にはいつまでたっても人間は無力。逆らわず共存、そんな生き方がこの先の道だとも思う。

釣りの方でも台風には悩まされる。遠征の日程は組み難く、飛行機の手配なんてビクビクである。もちろん近場のフィールドにも影響が。雨で増水なんてあたりまえ。地形は変わり、魚の付き場も変わる。猛烈な台風雨でシーズンの釣りが終わってしまうようなフィールドも多い。

でも季節は秋。荒喰いというワードを頭の片隅に置き、だんだんと遅くなる日の出を惜しむかのようにフィールドに通うのである。

先週からフィールドワーク再開。台風前はどのフィールドもそれなりに好反応。水温はあきらかに夏のそれとは違い、水中はギアを一つ秋へとシフトしたと思われる。

久しぶりのブラックバス。激流の中にいる強い個体は全身に脂を塗ったような独特のヌメリがある。こんな魚はこの時期しかとれない。
ベイトが豊富な時期なのでどのフィールドも魚のコンディションは抜群。バイトは素晴らしく。引きも強烈。ルアーはなんでもいいように見えて実はセレクティブ。そこがまた面白い。

都市伝説と化しているあのワード。コンスタントにフィールドに通っている方なら体感している方も多いはず。そんな方達から釣果写真いただいています。詳しくはコチラ

皆さん良い釣りしているようです。いつも写真ありがとうございます。
今回の台風でフィールドはどう変化してしまったか? 良くなっているポイントもあれば、しばらくは壊滅的なポイントも。。であれです。秋なので。頭を柔らかくして、先入観無しでフィールドをチョイスするのが良いかと。雨後の激流などには十分注意しないとですが、秋の釣り貪りましょう。

真夏のモンスター

今年の夏は台風が多い、その影響もあってか河川は水がいつまでたっても良くならず釣果の方は今ひとつである、、もちろん猛暑も影響しているのであろう。体よりも頭で判断し、フィールドから少しだけ遠のいていたというのも事実。

先日から少しだけ涼しくなって。(もちろん日中は夏な感じは続いてますが、朝晩の気温というか湿気な感じが少しだけ、、)釣欲みたいなものがムクムクと‥笑 これからの2ヶ月間が楽しみ。昨年は釣ることができなかった地元でのモンスターに今年は出会えるのか。秋に効きそうなプロトルアーも何種類か出来上がっているので、仕様チェックという名目で足蹴く通ってみようと思っています。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
暑くても釣っている方はいるわけで、、 さすがに写真は多くはありませんがとびっきりのモンスターバスの写真も。凄い。羨ましい。あやかりたい笑 いつも写真ありがとうございます!

これからの数ヶ月が個人的には大型が狙える時期だと考えています。関東の河川は田畑に水を引くための用水路とつながっている場合がほとんど。秋になりその役目を終えた用水路は水位を変動し、その影響がどの河川にも。流速は変わり、ベイトは動く、魚にとっては冬の食べられない時期前の食いだめとう感じではないでしょうか。もちろん推測。

まだまだ残暑厳しい感じですが、そろそろ夏の釣りから秋の釣りへと。モンスターとやりあう時を夢見て、ラインを巻き替えたり、針を研いだり、リールをオーバーホールしてみたりと、、
釣人は何かと陸でも忙しい。

恵みの雨

久しぶりの涼しげな気候に釣り人の皆さんはソワソワなんじゃないでしょうか?
今朝釣りに行こうと車に乗ると外気温20℃。鳥肌が立ちそうな位の温度とシトシトと降る雨。これはもうもらったと独りニヤつきフィールドに。

先週の台風の影響で川は増水&濁り。ですが水が入れ替わって良かったとの話も聞いていたのでモチベーションは上向き。何艇か先に出ていたので、エントリー付近をじっくりと探ること数十分。携帯が鳴る。嫌な予感しかしないで覗き込むと案の定……… 浮いて1時間もしないうちにとんぼ返りとなりました涙 
まぁでもいい気分転換にはなりました。早起きしてドライブして、重いものを運んで筋トレしたと思えばいいのです。。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
夏らしい綺麗な魚体の魚に、皆さんのいい笑顔。いつもありがとうございます。
暑くて大変なのは人間も魚も一緒。なるべく水通しの良い場所を探し、気温が低く保たれるようなポイントを探る。基本に忠実なゲームが吉となります。暑くてムシムシとする夏ですが、冬よりは魚と遊べる確率は高い。気温や体調と相談しながら狂った猛暑を楽しみ、のりきりましょう。ではでは。

酷暑

毎日暑いですね。夏だからあたりまえなのでしょうけど、夜くらい少しは涼しくなってほしいもの。体がずっと疲れている感じします、、

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
暑くてもフィールド通いの人はいますし、そんな人が結局は良いのを釣っている気がします。日が高くなってからはさすがに厳しいとは思いますが、朝夕のプライムタイムはイキフングンバツ笑、皆さんも、、なんて軽々しく言えないような天気が続きますが、マズメの数時間だけでも現実逃避に行ってみてください。いつも写真ありがとうございます。

かく言う私も毎週のように行ってはいるんですけど、、なかなか厳しい、今年の夏は。シーバスはボチボチと楽しめてはいますが(もちろんトップウォーターで)ブラックバスの方はあまりパッっとしない感じです。週末も河川にてペンシルゲームを楽しみに行ってみましたが私にはバイトも無し。魚からの反応は友人が朝一に釣った魚のバイトだけでした。水温が高すぎなのかなんなのか、、水はそれほど悪くないんですけどねぇ…

ninolo swell 58 もう届いて使っている。なんて方もいるのでしょう。新しい竿で釣れましたーなんて写真も送っていただいて感謝です。面白いロッドに仕上がりましたので、これからのシーズンにじっくりと使い込んでみてください。いつもありがとうございます。

new !

待ちに待ったNEWロッド。やっと紹介できます。

このロッドを作る発端となったのは雑誌での一目惚れから。
下から2本目のスウェルバットスタイルのロッド。これがどうも気になって頭から離れず、使ってみたくて探してみるものの全く見つからず。もうかれこれ20年も前の話。当時はネットで探すなんてことは今ほど簡単ではなかったし。

スウェルバットスタイルのロッドはローハイドを持っていて、これが見た目的には気に入っていた。ただ、当時のグラス素材の重み、ガイドの重み、そんなものが手首にずっしりと。一日中振り続けることは難しいロッドだった。

桃源郷のようなフィールド、はたまたオーバーヘッドキャストだけで釣りが成立するようなフィールドであれば問題ないのかもしれない。でも私が通う関東のフィールドでは、着水音を気にし、オーバーハングの奥にそっとルアーをプレゼンテーションし、それを数時間、または1日中繰り返す必要性がある。魚を見るために。

もちろん葛藤のようなものはあって、機能優先でモノつくりをすると面白みがなくなってしまわないか。実釣主義のただの釣るためのロッドになってしまわないか。トップウォーターフィッシングってもっと大らかな遊びのはず。投げ心地、雰囲気、道具としての存在感、そんなものも大切にしていきたい。だから1から作ることに。欲しいロッドを。

スタイルは決まっていて、もちろんあのスウェルバットを使いたい。
そしてある程度軽く、鞭のようにしなり、サイドキャストやバックハンドでルアーをポイントに落とすように投げられるロッド。そしてスウェルバットにするならば、バットがしっかりとしたトルクフルなロッドが良いなと。

ロッドを作るって難しい。好みは十人十色。誰に合わせれば良いのかなんてわからない。だから自分の欲するものを信じてモノつくりをスタート。
しかしながらのっけからつまずく。普段からお世話になっていて、私の好みもわかってくれているメーカーさんからはスウェルバットは無理だとの回答、、、
 
それはそうであろう。どう見ても作るのに手間がかかるのは火を見るよりも明らか。先人の考えた道具には得てしてそういったものが多い。Lリグや2ピースリグはサーフェイスリグに変わり、3層グラスアイはペイントアイに変わっていった。なによりウッドルアーそのものも今ではあまり作られてはいない。

もちろん現代の技術で出来ないわけではない。コストはかかり、不良品も多く出る、加工も大変、取り付け組み上げ、それぞれに手間がかかる。そういう所に目をつぶれば今の技術でできないものはない。と思う。

電話やメールでは断られる感じだったので、直接会って熱苦しく語ることに。
今の時代、なんでもスマートに済ませられるが、モノつくりの世界では顔を見て話をした方がきちんと伝わることが多い気がする。まぁ、あちらが折れてくれた感は否めないが、、笑 

そこからはいつものロッド作り。サンプルが出来上がってきては実釣で使い倒し、足りないものを足し、いらないものを引く、この繰り返し。
根気よくおつきあいしてくれたメーカーさんに感謝します。今回も納得のいく良いものができたと思います。ありがとうございます。

そんな経緯で生まれたロッド ninolo swell 58
新たに設計してもらったマンドレルで作ったカーボンロッドとなります。スウェルバット部分にはグラスがコンポジット。

レングスはニノロシリーズでは最長となる5‘8“(トップガイドからフェルール末までの実長1535mm)この微妙なレングスもスウェルバットからくるもの。色々試してこのレングスでしっくりきました。少し長めの設定は投げるのがとても楽で、しかもよく飛ぶ。バックハンドなどもバットの強さが影響してか手首の返しだけでルアーが飛んでいく。そんな感じです。

実釣で使ってもらった友人からも好評で、皆口を揃えてよく飛ぶなぁと。バットはしっかりしているけど全体的にはガチガチでない。投げやすい。楽。と。釣りキチからは褒めていただいてます笑 ありがとう。

あまり見たことのないロッドだと思います。スウェルバットのスタイルもなじみの無い形状。もちろん昔に存在していた形とは言え、リファインし素材も設定もガイドも今の私の釣りにあてはめたものです。
はたして新しいロッドのスタイルになり得るのか?ninnaからの提案です。取り扱いショップさんで実際に振って感想聞かせてください。オンラインストアの方もご利用いただけますので、よろしくお願いいたします。

強風

関東では梅雨明け。すると不思議と雨空が続く、、これって毎年の事。今回は台風が絡んでなのか強風も続く。雨も強く、こちらも心配。平穏無事に収まるといいのだけど。

先週から関東はずっと強風らしい。らしいというのはまたまた遠征に行っていたから。もちろん遠征先も強風で日の出前から吹きすさぶ風風風… 入りたかったポイントには入れず、風裏になるようなピンスポットでなんとかお茶を濁す。そんな遠征でした。

それでも釣りウマは釣るもので、一緒に行った方が見事なサイズを。私も前回の経験を元に高いモチベーションで最後まで楽しめました。サイズこそ伸びませんでしたが、納得のいくプロセスで魚を釣って私的に満足。いい経験、いい遠征となりました。

そうそう。最終日の午後ですが、突風に見舞われエントリー場所に戻れず、、という事がありました。カヤックを無理やり岸に上げ非難。雨風強く不安になりながら嵐が過ぎ去るのを独りで待つ時間の長いこと、、、笑 

危ないと思ったら無理をせず一旦どこかに避難するのが得策かと。早く車に戻りたい、家に帰りたい、そう思う気持ちはわかりますが。猛烈な風、雨、雷、そんなに長くは続きません。
ほんとうは事前に察知して早めに行動がよいと思うのですが、突然来る場合やエントリーまで距離がある場合などなど、長期戦で考えた方がよいかと。無理すると危ない場合が多いですからね。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
いい魚の写真たくさんいただいています〜 ありがとうございます。今年のninna Photo現時点での最大魚となる魚がトルトで。
やはり夏はペンシル? ライブリーはテッパン? それともスイッシャーのジャーク? なんでもそれなりに反応が取れるのがこの時期の楽しいところですね。

季節は後半戦となりましたが、まだまだこれから。大型狙いの方に新たな武器を。長い事テストしてきたロッドがやっとやっと組み上がってきました。とりあえずの写真ですが載せておきます。カミングスーンでございます。

夏至

今年も折り返し、ほんとあっという間だったなぁ…

釣果写真いただいています、詳しくはコチラ
紹介するのが遅くなってすみません。この時期は写真を沢山送っていただけるので、前のが紹介できないうちに新しい魚の写真が届いたりと、、そのへん前後してしまうかもしれませんが、掲載させていただきます。いつもありがとうございます!

毎日どこかの時間帯で雨がぱらつき梅雨って感じです。私が通う河川はそこまで大きいのはでてませんが、この時期らしい元気な奴らが遊んでくれて癒されます。まだ朝晩は肌寒く(随分前から短パンの友人もいますけど、、、笑)、水に入るときに長靴が必要な感じですが、これがサンダルだけで良い様になると私的にはベストオブベストなシーズン。日中は蒸暑くて退散することもありますが、時間は短くとも朝晩のマズメがとてもスペシャルな感じに。ルアー製作の前後に投げに行く。そんなことしながらルアー作っております。