ナースローグなのかも

今日で11月も終わり、らしい。今年も残すところあと1ヶ月、らしい。年内にと思って進めている事は沢山あれど、どれもこれも終わらなそうな感じである。まぁ毎年のことか。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
暖冬なのかまだそこまで寒い感じはしませんが、釣果の方は寒くなってきてますね笑 そんな中での一匹はやはり嬉しいもの。いつも写真ありがとうございます。

私も先日行ってきました。釣れないを確認するために。
近所を流れるツンデレリバー、寒くなると急にトップには厳しい感じになるのですが、果たして今年はどうなのか?
あまりにも近所の川なんで、いつもはカヤックで良い時間だけとか、良いポイントだけとか、そんな感じで楽しんでいますが、久しぶりにジョンボートでの釣り。小雨も降る予報だったので装備はフル装備、食べ物もフル。

結果からいうと朝から晩まで真剣にやって何も無し、、笑 ニゴイが何回かチェイスしてきただけ。でもメンターさんは釣ってましたね。虫で良いの釣ったらしいので、上を意識している魚はいる事はいるんでしょう。でもまぁ難しい、完敗です。

久しぶりに独りで丸一日やりましたが、あっという間。色々考えて、試して、移動して。なんだか楽しかったなぁ。
船外機で走り回って魚を探せるフィールドって少なくなりました。もちろんプレッシャーは高くイージーではありませんが、ある程度のキャパがあるオープンなフィールドで魚を探し釣りを組み立てていけるのは気分が良いです。とても。
まだまだ興味尽きぬ釣りキチ精神で色んなフィールドに行きたいんですが、そんなもんが薄れてきたらトレーラーでも引っ張ってノンビリやるには最高のフィールド。私にとってのナースローグなのかも。

The best camp

だんだんと寒くなってきましたね。気がつけばもう11月も半ば過ぎ、、ほんと早い、いろいろと追いつかず。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
またまた素晴らしい魚からトラフフィッシュまで。相変わらず釣り上手はコンスタントに釣っております。いつも写真ありがとうございます。

一匹が嬉しい季節になっちゃいましたね。寒くなってきて厳しい感じはしますが、水温はそれほど落ちてはおらず冬の釣りという感じはまだしません。小バスもまだ元気ですしね。でもまぁイージーな季節は終わりました。これからは試練、鍛錬、勉強のシーズン。嫌いではないです笑

先日は一足お先に極寒の地へとキャンプ。朝はマイナス5度まで下がるような標高のある湖畔での数日間。草花は凍りつき、空気はどこまでも澄みわたり、夜は眩しいほどの月夜。普段体験できないような異次元空間とも言えるフィールドで過ごした数日間。近年ではベストなキャンピングだったかと。

気がつけば11月

ほんとに11月? という感じの週末でした。日中は作業してるとTシャツでも汗ばむ陽気。バーベキューして庭仕事して道具のメンテして、そんな感じで休日はあっという間に過ぎていきました。ほとんど外に居たなぁ、、

トラフの出荷も無事に終わりました。今回も沢山のご注文ありがとうございました。
これからは年末に頼まれているルアーのオリカラやモジュログリップの削りなどなど、しばらくは木と戯れる作業。本格的に寒くなる前に、、なんて思っていますがどうなることやら。

釣りの方も終盤戦ですね。朝晩は冷え込む日が多くなってきて、これからますます厳しくなる感じでしょうか。出荷が終わってさっそく友人と浮いてきましたが、まだ小さい魚も動いていて終盤という感じはしませんでした。でもあれです釣り人は減りましたね。。
こっからは季節の移ろいを楽しむふりをしたり、船中の食べ物に凝ってみたり、気を抜いた感じをだしながら本気でランカー狙います笑

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
初めて見るような衝撃的な体高のブラックバスから早速のトラフでの釣果など、沢山いただいています。いつも写真ありがとうございます!

new

新作ルアーのご案内

TRAFU(トラフ)フロントビッグペラのルアーとなります。
前回の発売はイラレのデータを見る限りでは2011年。7年ぶりとなるみたいです。時が経つのが早すぎて怖い、、笑

再販となるルアーを製作していると、その当時の記憶なんてものが色々と蘇ってくるものです。このルアーはプロト段階で多くの魚を呼んできてくれて興奮したのを覚えています。パーツはオリジナルで何点か製作したので、その出来上がりにドキドキしたっけなぁ、、今となっては私の釣りの引き出しにはなくてはならないタイプのルアーです。

もうすでに使っている方も多いと思うので、簡単にルアーの説明を。
ブッグペラの爪とフロントの金属パーツがこすれ合い独特の音を発生させます。金属パーツには刻印の凹凸があるので擦れるたびに振動も誘発し、それが内部のラトル音を増幅させるといったギミックです。
スローリトリーブで焦らして誘う。早く巻いてバズベイトのように誘う。首を振らせてピンポイントで誘う。色々とできるだけに、使い手の色みたいなものが濃くでるルアーではないでしょうか。 

時期的に晩秋のランカー狙いに良いかと。私的にはこの時期からはゆっくりと見せるアクションからのスローリトリーブ。活性がそこまで高くはないが気になって追尾してくることが多いので、船縁まで引ききるといった感じでのアクションが良いかと。まぁあくまで私的にです。
手にしていただいた皆さんの釣れた使い方なんてのも色々ありそうで楽しみです。トラフもうすぐ発売です。宜しくお願いいたします。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
良い季節の良い魚。いつも写真ありがとうございます!!!

-VW

BRD

SBUH

GHRH

BYHG

秋も折り返し

秋真っ盛りという感じです。空気は澄んで心地良く、何をしていても外遊びには最高の季節。少し前まで蚊が飛び回っていてあれでしたが、ここのところそれも落ち着きキャンプには最高の季節ですね。

もちろん釣りの方も最盛期。今週からちょっと折り返した感じは否めませんが、それまではほんと好調でした。秋の荒喰いって言っていいよね?なんて、友人とホクホクの釣行も。ブラックバスは今年も大いに私達と遊んでくれた感じです。

今年の秋、数はさほどでもなかったのですが、とにかく型が良くて、体高もあるトルクフルな魚が多かった気がします。漁師も小物釣りをしている釣り人も減り、あまり魚が取れていないのは明白でしたが、そんな中でもブラックバスはたくましく生き抜いていますね。何を食べているのか胃の中を見たい気持ちをぐっと抑え、また来年もよろしくなんて言いながら秋の魚と遊んでます。

まだ人間的にはそんなに寒く感じませんが、そろそろガクンと釣果が落ちる時期。これからの季節は、朝マズメよりも夕マズメが良かったり、一発どでかいのを狙っての釣りになります。釣り人も極端に減るので人為的プレッシャも減り、より大場所でこんな魚が、、みたいな釣りを楽しみたいと思っています。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
これぞ秋という感じの良い写真たくさんいただいています。皆さん良い釣りしているみたいですねー いつも写真ありがとうございます!

最近お問い合わせの多い次回作ルアーですが、フロントスイッシャーのトラフとなります。クロタラスシリーズのフラッグシップとなるモデル。久しぶりに作りましたが、まぁ工程が多くて時間がかかりました、、 紆余曲折ありましたが、やっとリグ組み。今月中には案内出せるかな?といった状況です。

そしてこちらも意外と反響のあるナバロの修理、どうも直したいと思っている釣り人が多いみたいですね。誰かに習っての修理ではないので正統派とは違いますが、誰でも手に入る材料なんかでやってますんで、そのへんは参考になるのではないかと。こちらもそのうち書きたいと思ってます。

台風一過

ここのところ連続で台風が到来。先週末に来た24号は過去の記憶にないくらいの暴風で私の住む地域でも電柱が傾いたり大木が倒れたりと、大きい爪痕を残し過ぎ去って行きました。
24号は遠征にもドンピシャのタイミングで、楽しみにしていた琵琶湖も断念。大人の判断ってやつです。 まぁでも、カヌー修理に使わせていただいている友人の工房の大木が倒れたり、軒天が剥がれたりと、行ったら行ったで自分の工房含め状況が心配だったであろうことを思い、良い判断だったと思うことに。

台風前のタイミングで釣れたとの写真いただいています。詳しくはコチラ
秋らしい素晴らしいサイズなどなど、良い釣りしていますね。いつもありがとうございます。

遠征の予定でぽっかりと空いた時間はカヌー修理に(もちろんルアーも進めてます…笑)腐ったガンネルなどウッド部分を全て外し、まずは全体の塗装から。もとは赤だったのか?ってなくらいに色が抜けてピンク色になっていましたが、クリヤーを吹いてみるとまあなんとかいけるか? ってなところまで色が戻りました。多少色褪せてはいますが、オリジナルのナバロのステッカー、シリアル番号などを潰してしまうのが勿体なかったのでこのままで。次回があればカラーチェンジ考えます。

物を直すってのはとにかく時間がかかるもので、そのものに使われている材料を調べることから始まり、パーツが欠品していたらその調達、どのように直すかを頭の中でイメージしそれらに必要であろう道具類を少しずつ揃えていく。いざ作業となっても順調に進むことは稀で、毎回何か問題にぶつかっては作業は止まり、その都度悩み、打開策を見つけ、また少しずつ進むの繰り返し。

外注に出してしまえば楽であろうなぁ お金も時間もその方が良いのだろうなぁ と、頭ではわかっている。けれど毎回自分の手を汚し、いろんな方に助言を聞き、過去に作られた物から教えられ、先人の物に対する試行錯誤を知る。 直すという行為。そのものを再構築する事だとも思う。新たに作ることとは違う豊かさがそこには潜んでいる。

秋の長雨

暑さ寒さもなんとやら、涼しいを通り越し寒いくらいですね。しかも雨ばかりで河川は増水傾向。水位が安定しない分、釣果の方も安定しません。。

それでも季節は秋ですから、水の安定したフィールドなどでは良い釣果が出ているようです。沢山の釣果写真いただいています。詳しくはコチラ

さすがこの時期という感じでしょうか? 連日の雨で爆釣なんて話も聞きますし、フィールドさえ間違えなければ良い結果が出る時期でもあります。いつも写真ありがとうございます。

寂しいかな快適に釣りができるのもあと一ヶ月ほど。私は通年プラッギングを楽しみますが、魚の反応はだんだんと無くなってはきます。毎年渋い時期になるともっと良い時期に行っておけばよかったと思うのが常なので、今年も寝る間を惜しんで魚と遊んでおります。

お問い合わせをいただいている次回作ですが、やっとトップコートが終わりそろそろリグ組みに入れそうです。来月も遠征盛りだくさんの上に、先週からカヌーのレストアもスタートさせるという… ルアーの販売はもう少し先になりそうですが、いろんな経験が次に繋がると思い真面目に楽しんでおります。

ナバロはシンプルで美しいですね。カヌーも1から作りたし

秋のルアー

秋ですね。なんだか毎年どこいったんだろ?みたいに駆け足で過ぎていくのが常ですが、今年は長く楽しめそうな予感が。。釣りにキャンプに外遊びには良い季節。遊ばな損とばかりに相変わらずうろうろしております。(もちろんルアーも作ってます)

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
台風後も概ね好調みたいで、たくさん写真いただいています。いつもありがとうございます。
秋の釣り。夏とどう違うのか?なんてことたまに聞かれることありますが、私的に違いなんてものは解りません。フィールドによっても違うと思いますし、天候などでも変わると思います。昨日良かったのに今日は全くなんてこともあるわけで、、自然相手の遊びに絶対なんてものは無いのかと。

強いて言うとするならば、ダーターがこの時期から投げる割合が多くなるかなと。特に日中は。
朝晩などのマズメ時はペンシルなどで広範囲を探ることで良い反応を得ることが多いのですが、日中はどうしても反応が渋ります。そうなってくると頼るのがダーター。魚の活性は高いので、あとはどう食わせるか。どうルアーを見つけさせるか。その点でダーターはとても使いやすく、言わずもがなアピール力は満点。なおかつプラッギングして魚を騙した感じが強く大好きなジャンルのルアーです。

ライブリーなどは通年テッパンだと思いますが、この時期しか楽しめないルアーで魚を釣る。そういうのもまたトップウォーターの楽しみ方ではないかと。
ダーターに限らず、いろんなタイプのルアーで楽しめる季節。タックルボックスでしばらく眠っているルアーなども持って行って友達とワイワイやる。そんな楽しみ方も良いですね。

秋のワード

また巨大な台風が過ぎ去った。私が住む地域ではそれほどの被害はなかったが、何時その時が来るとも知れず、、自然の猛威にはいつまでたっても人間は無力。逆らわず共存、そんな生き方がこの先の道だとも思う。

釣りの方でも台風には悩まされる。遠征の日程は組み難く、飛行機の手配なんてビクビクである。もちろん近場のフィールドにも影響が。雨で増水なんてあたりまえ。地形は変わり、魚の付き場も変わる。猛烈な台風雨でシーズンの釣りが終わってしまうようなフィールドも多い。

でも季節は秋。荒喰いというワードを頭の片隅に置き、だんだんと遅くなる日の出を惜しむかのようにフィールドに通うのである。

先週からフィールドワーク再開。台風前はどのフィールドもそれなりに好反応。水温はあきらかに夏のそれとは違い、水中はギアを一つ秋へとシフトしたと思われる。

久しぶりのブラックバス。激流の中にいる強い個体は全身に脂を塗ったような独特のヌメリがある。こんな魚はこの時期しかとれない。
ベイトが豊富な時期なのでどのフィールドも魚のコンディションは抜群。バイトは素晴らしく。引きも強烈。ルアーはなんでもいいように見えて実はセレクティブ。そこがまた面白い。

都市伝説と化しているあのワード。コンスタントにフィールドに通っている方なら体感している方も多いはず。そんな方達から釣果写真いただいています。詳しくはコチラ

皆さん良い釣りしているようです。いつも写真ありがとうございます。
今回の台風でフィールドはどう変化してしまったか? 良くなっているポイントもあれば、しばらくは壊滅的なポイントも。。であれです。秋なので。頭を柔らかくして、先入観無しでフィールドをチョイスするのが良いかと。雨後の激流などには十分注意しないとですが、秋の釣り貪りましょう。

真夏のモンスター

今年の夏は台風が多い、その影響もあってか河川は水がいつまでたっても良くならず釣果の方は今ひとつである、、もちろん猛暑も影響しているのであろう。体よりも頭で判断し、フィールドから少しだけ遠のいていたというのも事実。

先日から少しだけ涼しくなって。(もちろん日中は夏な感じは続いてますが、朝晩の気温というか湿気な感じが少しだけ、、)釣欲みたいなものがムクムクと‥笑 これからの2ヶ月間が楽しみ。昨年は釣ることができなかった地元でのモンスターに今年は出会えるのか。秋に効きそうなプロトルアーも何種類か出来上がっているので、仕様チェックという名目で足蹴く通ってみようと思っています。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
暑くても釣っている方はいるわけで、、 さすがに写真は多くはありませんがとびっきりのモンスターバスの写真も。凄い。羨ましい。あやかりたい笑 いつも写真ありがとうございます!

これからの数ヶ月が個人的には大型が狙える時期だと考えています。関東の河川は田畑に水を引くための用水路とつながっている場合がほとんど。秋になりその役目を終えた用水路は水位を変動し、その影響がどの河川にも。流速は変わり、ベイトは動く、魚にとっては冬の食べられない時期前の食いだめとう感じではないでしょうか。もちろん推測。

まだまだ残暑厳しい感じですが、そろそろ夏の釣りから秋の釣りへと。モンスターとやりあう時を夢見て、ラインを巻き替えたり、針を研いだり、リールをオーバーホールしてみたりと、、
釣人は何かと陸でも忙しい。