クラフトマン

ほんとによく降る梅雨… そのぶん昼間は涼しくて製作には助かります。
しかし、河川が釣りのメインとなる私にとっては降りすぎる雨は好ましいフィールドコンディションには繋がらず。あの轟々と流れている川を見てはため息、、そんな感じの7月でした。釣れてません。

そんな鬱憤を晴らすようなプロダクトがついに。

そうです。ついにです。オリジナルのリグが完成。
長い構想期間を経て昨年からついに製作がスタート。試行錯誤を繰り返し途中すったもんだも有りましたが、熟練の職人さん達に最後まで根気よく付き合っていただいて素晴らしいものができました。金型屋さん、プレス屋さん、刻印屋さん、それぞれ代々続くメイドイン江戸。関東でモノつくりしている私からすると感慨深いものがあります。

もうちょっとこうだったら良いのにな。そんな観点をデザインに落とし込みました。これから沢山の釣り人に使っていただいて答え合せをしていけたらなと思います。次回作のルアーから装着です。

 

そしてもう一つお知らせ。

最近グリップの注文が増えていて嬉しい限りなのですが、他の素材ではできませんか?なんて問合わせがちらほらと。ちょっと考えてはいたのですが、だいぶ前に買っておいたウォールナットでもご注文をお受けする事にしました。

この秘蔵のウォールナット、近年では珍しく真っ黒です。
私のところに来る前は、とある塩職人のお爺さんが保管していた材料。直接引き取りに伺ったのですが、その方がまた興味深い人物で。

塩工房を経営する傍らいつか木工屋もやりたいと、、ちょっとお金がたまると良い材料を買っていたのだとか。自宅の倉庫にはお宝と呼べそうな材木が盛り沢山。貯蔵することうん十年… 体力の限界は近いし、やりたいことが他にも沢山あるし(パーマカルチャーを地でいく様な感じ)婆さんはうるさいし笑 そろそろ活用してくれる人に譲りたいとのことで声掛けしてもらいました。ありがたや。

そんなこんなで今時では珍しくなったブラックなウォールナット。
お好きな方、onnivoroでお待ちしております。

クラフトマン

雨の降る梅雨である。降りすぎて被害が出ている地域もあるほど。何事もほどほどにしてもらいたい。今年は天災にも自粛してもらいたい。これ以上被害が大きくならないことを祈ります。

私がよく行く川も今年は濁りがとれない。流域のある川なので、こちらでは降っていなくてもどこかの地域で降っているのでしょう。上流のダムでは底の方から水を抜いているなんて話も。そんなことが関係しているのかなんなのか魚からの反応は渋い。渋すぎる。そろそろ県を跨いで釣りに行かねばフラストレーションが溜まりそう。

そんな鬱憤を晴らすようなプロダクトが我が手中に。

ビンテージとかレアものとかに興味がない私。気に入れば最新のものでも廉価版でも御構いなし。しかしリールに関してはちょい古のABU一筋。幼少からの憧れもさることながら、使い心地やデザイン、それになんて言ってもその佇まいは他の追随を許さない。と 個人的に思っている。しかし左巻きアングラーの悲しい末路、ABUには選択肢が少ないのである。

もちろん新しいモデルには左巻きの選択肢が用意されている。ただ、その佇まいが気に食わない(私的にです)。そこで色々と試してきたわけです。ステッカーを貼ったり、ハンドルを変えてみたり、ギアをハイスピードにしてみたり、左右のカップを組み替えてみたり、、見る人が見たら邪道なことを一通りやって、それなりに満足していたのです。つい先日まで。

左巻きのABUですとオールドと言われる時代の5001cがナンバーワン(私的にですよ)ただ、真鍮フレームが重たい、そしてギア比が低すぎる。そっとルアーを置いてくるようなキャストを繰り返すにはハンデとなりますし、巻き取りも川で使うには遅すぎる。

そんな話を釣りしながら何度したことでしょうか。とある埼玉のショップさんでもそんな話の流れになり、何かいいのないですかねー と。 
すると店主「アルミのフレームで組めるよ。ハイギアも組める。なんだったらナローもできるよ」と。 なんですと…

いいもの作ってもらいました。口が悪くて強面ですが、心根の優しい凄腕クラフトマンに。頼んでもいないのにステッカーも新調する心意気。はい素敵。家宝に決定。

VANLIFE

夏至もとうに過ぎて今日から7月。早くも今年の折り返し。色々あり過ぎて月日が経つのがもはや早いのか遅いのか意味不な感じですが、とりあえず元気にルアー作っております。

先日、もし時間あればと頼まれたルアーとは全く関係のないヘルプでの仕事。最近とくに出不精で引きこもり気味な私。いつもならばお断りする話ですが、県外への外出規制が解除となったタイミングもあり、ちょっと外の空気を吸ってこようと遠出してきました。

目的地は大阪。妹から借りたVANを車中泊仕様に勝手に改造し、流行りのVANLIFEというやつです。即席の。

仕事自体はすぐに終わり、そこからは自由行動。行きは高速でひとっ飛び、そこからはのんびりと下道で。大阪→奈良→京都→滋賀→福井→石川→富山→新潟→長野→群馬→埼玉。

どこも人は少なくて、観光地は閑散としていました。もちろん飲食店も。地方に行けば行くほどコロナの影響は未だ色濃い。なるべく人との接触を避け、車で寝泊まり。

いつもならば観光客でごった返しているであろう神社仏閣。ずっと気になっていた琵琶湖の北湖に福井の三方五胡。そして能登半島。どこも行ってみたくてグーグルマップにポイントしていた箇所巡りの旅。

厳しくも美しい自然で溢れかえる日本海。私の知っているどの海辺とも雰囲気は異なり、魚介類は何を食べても美味しく、人はとても親切で、黒瓦に板壁で統一された集落はどこまでも美しかった。また行きたいなと強く思う旅でした。遠くない未来、ウイルスが収束したら釣り道具を積んでまた巡りたい。

たまにはフライもいいもんだ

どうしてる? 
なんて連絡いただいたり気にかけていただいて感謝。元気にルアー作っております。

私が住む関東地方も梅雨に入りました。いつもならばハイシーズン真っ盛り。あちらへこちらへと制作そっちのけで彷徨いていますが、今年はじっとしております。

家から歩いて行けるほどの距離に川が流れているもので、最近はいい時間にちょい釣りを。ルアー投げたり、フライで小物と遊んだり、通えばそれなりに発見があり、いい気分転換にはなっております。

本音を言えば、大好きなフィールドで朝から暗くなるまでルアーを投げて楽しみたいところですが、もうしばらくはじっとしておきます。

解除

緊急事態宣言が解除となった。ぬか喜びとならねば良いなと思いつつ、だんだんと危機意識は薄れていっている感じはする。もう大丈夫。なんてとても楽観視できないような状態なのに。
でもまぁ、いつまでも冬眠のような生活を続けられるはずもなく、ワクチンが普及するまでは意識を常に持って生活していかねばなと思います。

釣りの方も先日2ヶ月ぶりに浮いてきた。こちらも段階的解除。もちろん一人で行って誰とも接触せずに。
いつもなら独りで行ってストイックに魚を求め、それなりに満足して帰ってきていたはずなのに、なんだか満たされない気分。魚は釣れ、フィールドは美しかったのに。

釣りに行かなかったこの2ヶ月で自分の中の価値観が変わってしまったのか。ワイワイと皆で楽しみたい。これに尽きる。

ステイコウボウ

39県で緊急事態宣言が解除となりました。だがしかし、自粛は続くよどこまでも、、なんてしばらくはそんな感じで、あの忌々しいウイルスと各々で対峙する感じでしょうね。もう釣り行きたし。

あれからのステイコウボウ生活。着々と新工房の構想は膨らんでいて、先日は知り合いの建築家に連絡してみる。これくらいの予算でなんて難しいですよねー笑っちゃいますよねーアハハ なんて話してみると。なんと、うーむ、それくらいで、へー、なるほど、そういう手もあったか、、しかもこのご時世で職人さんも暇だとか、、うーむ。

内装全般を自分達でやればなんとかなるかも。釣り遠征も連泊キャンプもおそらく今年はそんなに行けなそうな感じ。ならばそれらの時間を工房に注ぎ込むか、、うーむまいった。

なんて、最近の自粛生活はそんな事を。もちろん仕事もやっていて、ルアーの方は絶賛リグ組み中。今作っているのはショップさんのオリカラです。ご注文いただいてから随分と時間が経っているものばかりですが、やっと数店舗分を組み始めました。

そんな何時出来上がるかわからないオリカラをいつも頼んでくれるショップさんから連絡が、「タックルボックスの写真を送ってくれませんか?」
遠征に行くという名目で久しぶりにタックルボックスにルアーを詰めてみる。フィールドを想像してルアーをチョイスする。スペースには限りがあるので自ずと厳選されたプラグになり、各々の趣味嗜好が明白に浮かび上がる。釣り人の今を映し出す鏡。面白い。興味ある方は写真を撮ってロットンに!

ステイコウボウ

外出自粛が続いています。早期収束すれば来月の6日までとのアナウンスですが、難しいでしょうね、、おそらく誰もが思っている事でしょう。残念ながら。

どうやって自宅での時間を楽しく過ごしていますか? ラジオからは毎日こんなやりとりが。私の場合、自宅兼工房なので以前とほとんど変わらずの毎日。普段からいかに自宅兼工房での生活を楽しめるかに重点を置いている家なので、こういう時には助かります。もちろん田舎にある趣味の偏った家なので、万人受けする感じではありませんが笑

それでも釣りに行くという一番の娯楽が無くなるのは辛いものです。工房でルアーのブランクを削っている時も考えるのはフィールドのこと。庭でキャンプをしてみても焚き火の前で思い出すのはこの時期に釣ったブラックバスのこと。食料調達に車で川を渡る時も、前見て運転しろ!とつねに隣から怒られること。。

これでは精神的によろしくないと、最近は新工房を建てる前提で色々と計画を始めました。庭の敷地を図り、図面を引いて、あれこれ想像する。あそこに旋盤を置く。あそこにボール盤を置く。あそこには暖炉がある小部屋なんてものも作ろう。そうだ中二階も作ったらどうだろうか。窓は自分で作ろうかな。窓ってどうやって作るんだっけ…などなど。紙と鉛筆とインターネットがあれば無限に時間が潰せる最近の娯楽です。

まぁ実現するかは謎ですが、先のことを想像して準備して蓄えて、その為に今できる事をやっておく。我慢じゃなくて未来の為に。

暗雲低迷

もうすっかり春だというのにこの重苦しい世の中。
いったいこの先どうなる?まったくもって予測がつかない事が恐ろしいです。ウイルスってこんなにも厄介なのか。見えないものは防げない。自らが知らずのうちに媒体となり他所に撒き散らすことも無いとも言えない。自粛。我慢。ほんとそれに尽きるのかもしれない。なるべく他人との接触を避ける。うつされないためにも、うつさないためにも。

こんな時に釣りはどうなのだろう?釣り人は誰もが考えることだと思います。
不謹慎で危険?いやいや、他人と接触しなければ安全?色々な意見があると思いますが、何が正しいのか私にはわかりません。誰もまだ本当の答えを知らないから、これだけ世界中に広まっているのだと。これからはもっと個々の判断と行動が重要になってくるのでしょう。危険意識の向上。本物の情報を得る努力。大切な人を守る為に自分はどうしたら良いのか。今自分にできる事は何なのか。

以前はそういうことに無頓着な感じで我儘に生きてきたんですけどね、そういう歳なのでしょう。近年周りで友人知人が亡くなるという事があり、その度に死ということについて考えさせられました。こちら側とあちら側、ちょっとした病気、ちょっとした不注意、ちょっとした気の迷い。簡単にあちら側に引きずられてしまうのだなと。まだこちら側に執着したい私としては、健康診断に行ってみたり、運転や水場での事故に注意したり、古い友人に連絡してみたり、そういう事が少しでも彼ら彼女らの供養にはならないか。そんなふうに思っています。

春うらら

ウイルスが猛威を振るう
そんな事もあったな。なんて日がはたして来るのでしょうか。とても不安な昨今。桜も咲き始め、良い季節なのにいまいちスッキリと外遊びできない、、そんな人も多いんじゃないでしょうか。まあでも適度な息抜きは必要ですからね。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
三寒四温の真っ只中。色々難しい季節ではありますが、タイミングが合えばポロっとグッドサイズに出会える時期でもあります。私も雨の日なんかに獲る気満々で川に浮いてみたりと色々やっていますがノーバイト。難しい。いつも写真ありがとうございます。初バスもおめでとうございます。

 

先日セリが食べたくなって秘密のスポットに摘みに行くと凄い人。いつも誰もいない川縁の公園には人人人。
椅子を持ち出して気持ち良さそうに日光浴する家族やら、簡易テントを張って外飯を食べたり、寝そべって本を読んだり、各々が適度な距離で自由に過ごしている。日がな一日のんびりと公園で過ごすのを目の当たりにすると、今後の休日の過ごし方が変わるのかもな。なんてそんな事を思うでもなく。キャンプも凄いブームになっていますしね。もちろんセリには誰も見向きもしないので、今年も大量採取

プラグを追え

春近しですが、なんだか重苦しい3月のスタート、、いかがお過ごしでしょうか。

人が多いところに出向くのは避けるべきとの風潮ですが、もともとそういう場所に足が向かない私にとってはそれほどの変化もなく、いつもの川に出かけたり、いつもの仲間と焚火したり、家の家具を作ったり、もちろんルアーも削ったりと、相も変わらずにウロウロ色々やっております。

釣りの方は、まあぼちぼちとですが行っていて、先日は暖かさに我慢出来ずの友人と川の上流に一発狙いに。気温はヤル気でしたが水の色は冬色、、生命反応は気薄でノーバイト。もちろんチェイスも無。まだこのエリアは時期早々か。

そんで昨日は川の下流域。日中は17度予報でみんなソワソワ。暗いうちにポイントに着くともう準備している友人が…笑 子供が休みで大変でねーなんて世間話してそれぞれ散り散りに。

途中、オロロBBで釣れたよ!なんてラインもらってテンション上がりまくりでしたが、こちら艇はノーバイト。それでも粘って11時ぐらいに初バスを。ルアーは今期リリース予定のオロロジョイント改。ポイントはだれもが打つであろうゴージャス場

一投目。奥目にキャスト、5秒くらいのポーズをとってから核心部をかすめながらの只巻き→無

二投目。核心部へ、少しポーズしてからの、強めのトゥイッチ。深さがあるポイントなので魚を浮かせるイメージ。(昨年はこれがはまる状況多々有)ジュッジュッと首を振らせての四振り目ぐらいに激しいバイト! しかしルアーを持ち込まず、、

三投目。またまた核心部へ、ノーポーズで強めのトゥイッチ。スイッチ入ったのかまたまたバイト! しかし持ち込まず。しばし放置からの今度は弱目のトゥイッチでガッツリバイト。同船の友人大興奮の中、無事に初バスキャッチと相成りました。めでたしめでたし。

追い食いなんてハイシーズンでもなかなかお目にかかれない近年ですが、この時期に。どうしても食べたかったんでしょうね、、貴重な体験しました。少ない経験からですが、追い食いさせるコツ。それはミスバイトにあわせない事。
ミスバイトは放置。フッキングチャンスは一回だけ。目を見開いてプラグを追えよ