new !

待ちに待ったNEWロッド。やっと紹介できます。

このロッドを作る発端となったのは雑誌での一目惚れから。
下から2本目のスウェルバットスタイルのロッド。これがどうも気になって頭から離れず、使ってみたくて探してみるものの全く見つからず。もうかれこれ20年も前の話。当時はネットで探すなんてことは今ほど簡単ではなかったし。

スウェルバットスタイルのロッドはローハイドを持っていて、これが見た目的には気に入っていた。ただ、当時のグラス素材の重み、ガイドの重み、そんなものが手首にずっしりと。一日中振り続けることは難しいロッドだった。

桃源郷のようなフィールド、はたまたオーバーヘッドキャストだけで釣りが成立するようなフィールドであれば問題ないのかもしれない。でも私が通う関東のフィールドでは、着水音を気にし、オーバーハングの奥にそっとルアーをプレゼンテーションし、それを数時間、または1日中繰り返す必要性がある。魚を見るために。

もちろん葛藤のようなものはあって、機能優先でモノつくりをすると面白みがなくなってしまわないか。実釣主義のただの釣るためのロッドになってしまわないか。トップウォーターフィッシングってもっと大らかな遊びのはず。投げ心地、雰囲気、道具としての存在感、そんなものも大切にしていきたい。だから1から作ることに。欲しいロッドを。

スタイルは決まっていて、もちろんあのスウェルバットを使いたい。
そしてある程度軽く、鞭のようにしなり、サイドキャストやバックハンドでルアーをポイントに落とすように投げられるロッド。そしてスウェルバットにするならば、バットがしっかりとしたトルクフルなロッドが良いなと。

ロッドを作るって難しい。好みは十人十色。誰に合わせれば良いのかなんてわからない。だから自分の欲するものを信じてモノつくりをスタート。
しかしながらのっけからつまずく。普段からお世話になっていて、私の好みもわかってくれているメーカーさんからはスウェルバットは無理だとの回答、、、
 
それはそうであろう。どう見ても作るのに手間がかかるのは火を見るよりも明らか。先人の考えた道具には得てしてそういったものが多い。Lリグや2ピースリグはサーフェイスリグに変わり、3層グラスアイはペイントアイに変わっていった。なによりウッドルアーそのものも今ではあまり作られてはいない。

もちろん現代の技術で出来ないわけではない。コストはかかり、不良品も多く出る、加工も大変、取り付け組み上げ、それぞれに手間がかかる。そういう所に目をつぶれば今の技術でできないものはない。と思う。

電話やメールでは断られる感じだったので、直接会って熱苦しく語ることに。
今の時代、なんでもスマートに済ませられるが、モノつくりの世界では顔を見て話をした方がきちんと伝わることが多い気がする。まぁ、あちらが折れてくれた感は否めないが、、笑 

そこからはいつものロッド作り。サンプルが出来上がってきては実釣で使い倒し、足りないものを足し、いらないものを引く、この繰り返し。
根気よくおつきあいしてくれたメーカーさんに感謝します。今回も納得のいく良いものができたと思います。ありがとうございます。

そんな経緯で生まれたロッド ninolo swell 58
新たに設計してもらったマンドレルで作ったカーボンロッドとなります。スウェルバット部分にはグラスがコンポジット。

レングスはニノロシリーズでは最長となる5‘8“(トップガイドからフェルール末までの実長1535mm)この微妙なレングスもスウェルバットからくるもの。色々試してこのレングスでしっくりきました。少し長めの設定は投げるのがとても楽で、しかもよく飛ぶ。バックハンドなどもバットの強さが影響してか手首の返しだけでルアーが飛んでいく。そんな感じです。

実釣で使ってもらった友人からも好評で、皆口を揃えてよく飛ぶなぁと。バットはしっかりしているけど全体的にはガチガチでない。投げやすい。楽。と。釣りキチからは褒めていただいてます笑 ありがとう。

あまり見たことのないロッドだと思います。スウェルバットのスタイルもなじみの無い形状。もちろん昔に存在していた形とは言え、リファインし素材も設定もガイドも今の私の釣りにあてはめたものです。
はたして新しいロッドのスタイルになり得るのか?ninnaからの提案です。取り扱いショップさんで実際に振って感想聞かせてください。オンラインストアの方もご利用いただけますので、よろしくお願いいたします。

強風

関東では梅雨明け。すると不思議と雨空が続く、、これって毎年の事。今回は台風が絡んでなのか強風も続く。雨も強く、こちらも心配。平穏無事に収まるといいのだけど。

先週から関東はずっと強風らしい。らしいというのはまたまた遠征に行っていたから。もちろん遠征先も強風で日の出前から吹きすさぶ風風風… 入りたかったポイントには入れず、風裏になるようなピンスポットでなんとかお茶を濁す。そんな遠征でした。

それでも釣りウマは釣るもので、一緒に行った方が見事なサイズを。私も前回の経験を元に高いモチベーションで最後まで楽しめました。サイズこそ伸びませんでしたが、納得のいくプロセスで魚を釣って私的に満足。いい経験、いい遠征となりました。

そうそう。最終日の午後ですが、突風に見舞われエントリー場所に戻れず、、という事がありました。カヤックを無理やり岸に上げ非難。雨風強く不安になりながら嵐が過ぎ去るのを独りで待つ時間の長いこと、、、笑 

危ないと思ったら無理をせず一旦どこかに避難するのが得策かと。早く車に戻りたい、家に帰りたい、そう思う気持ちはわかりますが。猛烈な風、雨、雷、そんなに長くは続きません。
ほんとうは事前に察知して早めに行動がよいと思うのですが、突然来る場合やエントリーまで距離がある場合などなど、長期戦で考えた方がよいかと。無理すると危ない場合が多いですからね。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
いい魚の写真たくさんいただいています〜 ありがとうございます。今年のninna Photo現時点での最大魚となる魚がトルトで。
やはり夏はペンシル? ライブリーはテッパン? それともスイッシャーのジャーク? なんでもそれなりに反応が取れるのがこの時期の楽しいところですね。

季節は後半戦となりましたが、まだまだこれから。大型狙いの方に新たな武器を。長い事テストしてきたロッドがやっとやっと組み上がってきました。とりあえずの写真ですが載せておきます。カミングスーンでございます。

夏至

今年も折り返し、ほんとあっという間だったなぁ…

釣果写真いただいています、詳しくはコチラ
紹介するのが遅くなってすみません。この時期は写真を沢山送っていただけるので、前のが紹介できないうちに新しい魚の写真が届いたりと、、そのへん前後してしまうかもしれませんが、掲載させていただきます。いつもありがとうございます!

毎日どこかの時間帯で雨がぱらつき梅雨って感じです。私が通う河川はそこまで大きいのはでてませんが、この時期らしい元気な奴らが遊んでくれて癒されます。まだ朝晩は肌寒く(随分前から短パンの友人もいますけど、、、笑)、水に入るときに長靴が必要な感じですが、これがサンダルだけで良い様になると私的にはベストオブベストなシーズン。日中は蒸暑くて退散することもありますが、時間は短くとも朝晩のマズメがとてもスペシャルな感じに。ルアー製作の前後に投げに行く。そんなことしながらルアー作っております。

リアル

梅雨入りした関東地方。まだまだアフターの魚が残るものの概ね良好な魚からの反応。周りからもたくさんの情報が入ってきて、これからの数ヶ月は工房でムンムンとしながら作業する日が続くと思われます…

発売したばかりのトルト95、もちろん他のルアーでも沢山の写真いただいています。ありがとうございます!
写真を送ってくれた方や周りから95概ね好評のようです。やはり皆口を揃えて動かしやすいと、、、笑
そうですね。私も110より動かしやすいと思います。キレッキレな感じではありませんが、マイルドに誘えるじっくりタイプ。皆さんのコメントも参考にしてみてください。詳しくはコチラ

遠征
車で数時間走るだけで景色は変わる。もちろん気分も。釣れる魚だって変わるし、名物と言われる食べ物も変わる。たった数時間の移動でだ。
先月からこの数時間の移動を繰り返す。ルアー製作の合間での移動なのか、移動の合間での製作なのかわからなくなるほどに。

疲労はたまり、睡眠は不足する。それに反比例するかのごとく脳内ではヒントが渦巻く。もちろんルアーの。工房ではなかなか上手くいかないこの作業も不思議と水に浮かんだ状態だと上手くいく。移動中の車の中でもまた然り。

普段は昔からの仲間で行くことが多い遠征。縁あって先日は初めてとなる3人で行くことに。
事の発端は冬場のダムである。激荒れ大雨、そんな日になぜか偶然集結し必然とそんな話になった。釣りキチの中でも特殊な部類に入ると思われる面々。吉と出るか凶と出るか。

癖の強いメンバーである。そんな我々にはカヤックがちょうど良い。健闘を祈る!的にフィールドで別れ、それぞれの思うポイントに船を進める。空腹と睡眠の限界に達するとフラフラしながら再度集結し、宿へと戻り英気を養う。そんな数日間。

それぞれが独りでやれる人間であるからこそ、魚を追うことだけに集中することができた。それが俺的にはとても楽で心地よかったです。
周りがどんどん50upを釣る中でのプレッシャー。ほんとにこの釣り方で良いのか。ルアーはあっているのか。ポイントは間違っていないか。アクションは、色は、等々。結局はどれだけ自分の釣りを信じられるかってこと。なんだか経験値がぐっと上がったような気がします。

ご一緒したplutonium syrup杉さんが時系列で詳しくブログを書いてくれましたので覗いてみてください。ありがとうございます。そして60 upおめでとうございます。ほんと凄かったし強い釣り人でした。

一緒に行った星子がトルト95でランカーを釣ってくれました。ロットン店長からの想いみたいなもの、彼なりに受け取ったと思います。ありがとう。

わざわざ七色ダムまで駆けつけてくれたロットン永田さん、ありがとうございました。憧れたシーニンフ14ftとやれたJ-38の組み合わせ、痺れるほどにかっこよかった。久しぶりに会えて嬉しかったです。

釣果の方はランカーサイズだけで50 up 6本に60 up 1本。もちろん3人でのトータル。結果だけ書くと爆釣ともいえる遠征となりましたが俺的には難しかった。途中心折れそうにもなったし…
でもまあ自分のまだまだ未熟な所もみえたし、ルアーの方向性なんかもボンヤリと。帰ってきて数日。あらためて良い遠征だったなぁとしみじみと。

最後に、ご一緒した方々の最大魚とそのタックル紹介
素晴らしい魚と、それを獲る為に考え抜かれた道具立て。あまり語られる事のないリアルな情報。細々と聞いてきましたので参考に。

rod : Brightliver / QATRE 2523
reel : ABU / 4600c Real2 Deal2
grip : 道楽 / チャンポングリップ
line : RaPaLa / RAPINOVA-X MULTI GAME 3.0号
leader : YGKよつあみ / dsv 30LB (八の字ぐるぐるノット)
snap : yamaria / ファイターズスナップ ♯2 (パロマーノット)
lure : plutonium syrup / celldivision (リファインモデル)

 

rod : Brightliver / QATRE 2563
reel : ABU / 4600al
grip : Brightliver / EYESPOT
line : サンヨーナイロン / GT-R プレミアムPE 50LB
leader : VARIVAS / VEP 30LB (八の字ぐるぐるノット)
snap : 日本の部品屋 / ロウ付スナップNO.3 (パロマーノット)
lure : ninna / TORUT 95

 

rod : ninna / ninolo swell 58 (prototype
reel : ABU / 4601(6.3:1改)
grip : ninna / MODULO GRIP
line : YGKよつあみ / G-soul X8 UPGRADE PE 60LB
leader : VARIVAS / Nylon 35LB (FGノット)
snap : NORMAN / SPEED CLIPS (パロマーノット)
lure : ninna /prototype

お待たせしました

TORUT 95 への沢山のご注文ありがとうございました。
各ショップさんへ発送済みですので、早いところでは本日から見ていただけると思います。見た目は従順ですが、気まぐれなペンシルベイトシリーズのトルト。宜しくお願いいたします。

昨年のninna PhotoでのNO1フィッシュを釣っていただいた方々へのオリカラもやっと完成。お待たせしました。
それぞれの釣り人の想いやこだわりが垣間見れて、毎年楽しく塗らせてもらっています。もちろん今年も継続中な企画ですので、オリカラ塗ってもらいたいという方は是非狙ってみてください。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
どれも良い写真。単独釣行だとなかなか上手く撮れない写真も、仲間と行くと良いの撮れますね。シーズン的にも行かなきゃ損な感じですので、時間見つけて楽しんでください。いつも写真ありがとうございます。

NEW

雨量を伴った雨雲が通過。フィールド状態はすこぶる良好だったので、この雨がどう影響するのかが気になるところ。

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
ランカーからお馴染みの方まで、写真いつもありがとうございます!

いい季節です。フィールドにもよりますがハイシーズンに突入かと。アフターでナーバスな奴もいますが、回復して食い気のある奴も混じるようになりました。先日はポッパーでハマって良い釣りできましたし、これから梅雨終わりまでは楽しいトップシーズンですね。

 

新作ルアー、やっと完成しました
TORUT 95 ペンシルベイトとなります。

クロタラスシリーズと銘打ってのラトル入りシリーズです。クロタラスとはガラガラヘビの属性、ご存知の通り、音を出し威嚇警戒する勇猛な生き物。その様からネーミングをもらって音が出るラトルシリーズの銘としています。

今回のTORUT 95、ノッカーでの威嚇警戒音なイメージ。カチカチと音を出しながらのドッグウォーク。強めのアクションで威嚇音とするも良し、弱めのカチカチで警戒音を演出するも良し。
例えばブルーギルの水面でのパチパチ音、釣り人ならよく聞くと思います。この音もブラックバスは当然意識しているのではないかと。まぁ実際のところは魚になってみないと解らないわけなんですが、、

解らないなりにも仮説を立て、フィールド状況や季節を加味してゲームを組み立てていく。ペンシルベイトで賢い奴らを騙す感覚、プラッギングの最高の醍醐味なのは釣り人ならば誰もが思うところではないでしょうか。

そんなわけで、TORUT 95 釣り人の良き相棒になってくれることを願っております。

GYUS

PMH

BYHG

BGUH

-VW

SBMH

ランカー釣れた

蒸し蒸しとした夜
つい先日ストーブ焚いたような、、なんだこの気温

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
初バス! などなど沢山の写真いただいています。見ているこちらまで嬉しくなるような笑顔⤴︎ いつもありがとうございます。

次回作のルアーについて問い合わせが何件か。そうですそうです、お察しのとおりトルトのサイズ違いバージョンです。今回はトルト95、ウォーカータイプと言えばいいのでしょうか。110よりも動かしやすいかな?? 

難しい部類のペンシルだと思います。でもコツを掴めば破壊力は凄く、これからのシーズンでハマる状況があるかと思います。私的にはピーカンの河川で使う頻度が高く、見せる釣りというよりもリアクションでスイッチ入れる釣り。そんなイメージでしょうか。
まだもう少し時間がかかりそうなので、詳しくは次回にでも。

釣りの方は相変わらずのペースで。もう日常の延長というか、それだけ釣りをすることが特別ではない環境に居るということです。羨ましがられることも多いんですが、望んで無理やり手に入れてきた環境。やりたいことがやれて、作りたいものが作れる。欲を出せばきりがないけれど、できるだけシンプルにと心がけて。

お寒うございます。なんだこの気温
あんなに心地よかったGWが終わった途端に気温ガタ落ち。良いタイミングだとばかりに部屋のストーブをフル燃焼。灯油使い切って片付けられるしちょうど良かった のか?

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
最近はインスタなどSNSに載せる方が殆どだと思うので、此方に送っていただける事、ほんと嬉しいです。なにもお返しできないんでアレですが、、良い写真送っていだたいています。ランカーもでてますねー いつもありがとうございます!

いやー連休終わってしまいました。気候が良くて、ルアー塗ってる以外は殆ど外で過ごしたような連休でした。肌寒くなっても家には入らず、部屋から漏れる音楽聴きながら外でボケーっとするには最高の季節じゃないですかね。
もちろん釣りにキャンプに相変わらずうろうろと。周りが皆んな休みですから、ここぞとばかりに私も真面目に遊んでおりました。GWは混んで嫌だ。と、あまり出歩かない時期もありましたが、混んでるなぁ、道路進まないなぁ、なんて言いながらだらだらと過ごすこともまた幸せなのかと。最近はそう思うようにもなりました。

ルアーの方もボチボチとですが進んでおりまして、今月中には案内が出せそうです。次は新作の、と言ってもあれのサイズ違い。さぁなんでしょうか。これからの季節に多投するやつですのでお楽しみに。

GW

連休始まりました
ほんといい季節ですね。紫外線こそ強いものの、それ以外はパーフェクト。連休前半は天気もいいみたいですし、外遊びには最高かと。

フィールドはどこも混むんでしょうが、そんなもんだと思って行くとそれほど気にはならず。気持ちに余裕を持ち、目の前のポイントをどう攻略していくか。あそこのポイント入りたかった、、ということはさておき、投げられる場所を丁寧に。キャスト、ルアーのプラッギング、操船。やるべきことをキチッとやれば魚からの反応は返ってくるものです。楽しみましょ

釣果写真いただいています。詳しくはこちら
春の釣り皆さん楽しんでますねー いつも写真ありがとうございます!

最近も釣りばっかり。川に浮いたり、沼に行ったり、ダムに行ってみたりと、相変わらずうろうろとしています。色んな釣り人からお誘いをいただいて、それぞれの釣りを感じて良い刺激に。

良い刺激といえば、最近ご一緒させてもらったplutonium syrup杉さん。フィールドではよくお会いしていましたが、初めての同船。彼のホームとなるダムに誘ってもらいました。
私にとっては20年ぶりくらいになるのでしょうか。その頃から釣れないで有名なタフなフィールド。まあ厳しいだろうと挑みましたが、彼はいともあっさり釣ってのけました。しかもとびっきりのやつを。

ブログなどでも圧倒的な釣果を誇っていますが、その実態はどんな釣り人なのか。 近年は色んな方と同船しますが、やはり釣る人は違いますね。何かこう真っ直ぐな信念みたいなものを終始感じる釣り人でした。それは彼の作るルアーにも言えること。見習わないといけないこと沢山。まだまだ勉強。

その時の様子はブログに書いていただいたので、読んでみてください。とにかく素晴らしいブラックバス。その場に立ち会えて幸せでした。杉さんありがとうございます。

春ですね

釣果写真いただいています。詳しくはコチラ
完全にシーズン入りましたね。ランカーバス、そして初バスなどなど、沢山の写真いつもありがとうございます。写真とともにコメントなんかもいただいて嬉しい限り。様々なフィールドでルアーを使っていただいて感謝です。

私もいつものペースでフィールド通い。ルアー作って釣り行って、帰ってきてプロト削って、また投げに行って、みたいな。まるで無限ループのような釣漬けの毎日です。
もちろん次回作も歩みは遅いですが進んでおります。あと少しで色つけが終わるかな? と言った進行状況です。

次回作ルアーの最終チェックも終わり、やっと気持ちがそこから離れまた次のルアーへと。春はこれと決めつけず色んなルアーを持ち込み楽しめる季節。最近はもう純粋にルアーフィッシングを楽しんでおります。

先日は久〜しぶりの友人と。昔から変わらずの道具立てで久〜しぶりに見るようなルアーがチラホラ。1年半ぶりくらいの本格的な釣りとか言ってたかな?
2時間遅刻してきて、キャストはへぼへぼ、リールからは異音、帽子も忘れ、食料も食べ尽くし、それでも諦めず、最後に良いの釣るあたり、変わってないなぁ。あぁ笑った。初バスおめでとう。